ポルシェ、検察当局が正式捜査 排ガス不正問題で従業員対象に

シュツットガルト検察当局は10日、排ガス不正問題を巡り、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の高級スポーツカー部門ポルシェの従業員の正式な捜査に乗り出したと明らかにした。当局は昨年から非公式捜査を進めており、同社は排ガス量を操作するソフトウエアを搭載した車両を販売して消費者を欺いた疑いが持たれている。ロイター通信などが伝えた。

検察当局は捜査の対象者について身元を特定していないが、ポルシェ本体と米国子会社の従業員の役割について捜査を進めている。ポルシェは依然から検察当局と事前に接触を試みているとし、捜査に全面的に協力する姿勢を示している。

VWに端を発する排ガス不正問題を巡っては、高級車部門アウディとポルシェのディーゼル車でも違法ソフトの搭載が確認されている。ポルシェの複数モデルは、アウディから3リットルエンジンが供給されている。

ドイツの検察当局は先に、排ガス不正問題に絡みアウディの元幹部であるイタリア国籍のジョバンニ・パミオ容疑者を逮捕した。米司法省は、同氏が米国での排ガス試験を欺くソフトを設計するよう従業員に指示したとして、詐欺行為の共謀罪、通信詐欺、大気浄化法違反の罪で起訴している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信天然資源社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

スケルトン、タリンから独東部へ工場移転(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

独のテスラ「モデルS」購入者、補助金返還(07/20)

イノジー、エーオンとRWEの資産交換に合意(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

企業ソフトSAP、第2四半期は8%増益(07/20)

BMW、インドネシア工場に追加投資へ(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン