• 印刷する

英国の湖水地方、世界遺産に登録

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は9日、イングランド北西部の景勝地として名高い「湖水地方」を世界遺産に登録すると発表した。自然と人間の営みが生み出した調和的な風景が評価された。

湖水地方の地形は氷河期に形成され、渓谷沿いに多くの湖が点在している。イングランド最大の自然湖であるウィンダミア(Windermere)湖や、イングランド最高峰のスコーフェル・パイク(Scafell Pike)を擁しているほか、農牧地や邸宅、庭園などが景観の一部を成しており、芸術運動にも影響を与えた。1951年には国立公園に指定。1986年以降、ユネスコに世界遺産への登録申請を行ってきた。

湖水地方・国立公園の持続的開発責任者のスティーブ・ラトクリフ氏は、登録には多くの時間を費やしたとしたとした上で、自然と農耕と産業が形成した湖水地方の景観に対して「非常に誇りを持っている」とコメント。湖水地方が世界の財産になったことを歓迎した。

湖水地方には現在、年間約1,800万人の観光客が訪れている。観光収入はおよそ12億ポンドに上り、約1万8,000人の雇用を創出している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 農林・水産観光マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首相、国境検査巡る極秘計画を否定(01/18)

日立、英原発建設計画を凍結 今期に3000億円の損失計上(01/18)

メイ首相、EU離脱巡り野党と協議(01/18)

LEVC、アウディ元幹部を次期CEOに(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

英プレミア・フーズ、CFOが暫定CEOへ(01/18)

クラークス、イングランドの工場閉鎖へ(01/18)

ZF、燃料電池バスにパワートレイン提供(01/18)

英CWG、賃貸契約で欧州当局と法廷闘争(01/18)

英独立党党首ら、ルペン氏の政治会派に合流(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン