• 印刷する

米グーグル、ルーマニアの6大学でハブ開設

米インターネット検索エンジン大手グーグルが、ルーマニアの6大学で、デジタル・ワークショップ・ハブを開設する計画だ。同社がルーマニアで展開するデジタル・ワークショップ・プログラムの一環。プレスリリースを元に、シーニュースが6日伝えた。

それによると、グーグルがハブを開設するのは、首都ブカレスト、第2の都市ブラショフ(Brasov)、北西部クルージ・ナポカ(Cluj-Napoca)、北東部ヤシ(Lasi)、西部ティミショアラ(Timisoara)、東岸コンスタンツァ(Constanta)にある大学。学生に起業やデジタル・マーケティングなどに関する実践的なトレーニングを提供するほか、地元の中小企業(SME)にもハブを開放し、デジタル分野のアドバイスを行う。同ハブを介して、大学と産業の交流を促す狙いもある。

グーグルは昨年4月、デジタル・ワークショップ・プログラムを開始した。高度教育機関で各種セミナーを開催しているほか、オンライン講座を開設しており、これまでに国内45都市で2万人以上がセミナーを受講したほか、インターネットを介して4万人がプログラムを利用している。

ルーマニアのSMEのうち、デジタル環境を整備しているのは全体の22%にとどまる。オンライン販売を手掛けているのは、わずか5%に過ぎない。グーグルのルーマニア法人のエリザベータ・モラル最高経営責任者(CEO)は、「インターネット環境の整備とデジタル技術の活用で、事業構造を変革できることができる」と話している。


関連国・地域: ルーマニア米国
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルーマニア、大使館をエルサレムに移転へ(03/26)

家電販売エクストリーム、eMAGと事業合併(03/25)

トルコ自動車生産、2月は15.5%減少(03/22)

ルーマニア、UAE社と物流開発で合意(03/22)

【ウイークリー統計】第33回 起業率と個人事業主の満足度(03/21)

キングフィッシャー、13%減益=CEO退任(03/21)

EUの難民申請件数、昨年は11%減少(03/18)

印ITインフォシス、ルーマニアに開発拠点(03/15)

ルーマニア鉱工業生産、1月は0.8%増加(03/14)

ポーランド新車登録台数、2月は3.9%増加(03/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン