• 印刷する

ドイツポストDHL、米新興企業と月面配達へ

郵便・物流ドイツポストDHLと米新興企業アストロボティック(Astrobotic)は、私物を月に配達するサービス「ムーンボックス」の提供で提携し、共同で月面配達サービスの開発を行う。独紙フランクフルター・アルゲマイネが伝えた。

それによると、アストロボティックは2019年末までに、月面までの商業宇宙飛行実現を目指している。「ムーンボックス」の料金は、幅2.5センチメートル、長さ5センチメートル、高さ5センチメートルの箱で、2万6,000ドルの設定。ただ、赤ちゃんの乳歯や結婚指輪といった極小サイズのモノの配達も可能で、この場合は460ドル程度でサービスを利用できる見通しだ。

ドイツポスト傘下のDHLは昨年2月、欧州航空・防衛最大手の仏エアバスとともに、アストロボティックの商業宇宙飛行を支援すると発表した。DHLはアストロボティックの正規の物流サービス企業として、打ち上げまでの部品の配達や、宇宙飛行による配達サービスを担当する方針。一方、エアバスは、宇宙飛行に向けたエンジニアリング面での援助を担当する。


関連国・地域: ドイツフランス米国
関連業種: 運輸サービス観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

海運マースク、第3四半期は利益横ばい(11/16)

産業ガスのリンデ、1~9月期は4.2%増益(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

製糖ノルトツッカー、豪マッカイと買収協議(11/16)

化学ヘンケル、第3四半期は8.9%増益(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

シクスト、第3四半期は27.3%増益(11/16)

ダイムラー、北京に第2のR&D拠点を新設(11/16)

メルセデス、中国産の「EQC」を来年発売(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン