食品ABフーズ、プライマーク好調で20%増収

英食品・小売大手アソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズ(ABF)は19日、6月24日までの40週間の売上高(為替変動の影響除く)が前年同期比20%拡大したと発表した。格安衣料品チェーンのプライマークが好調だった。

事業別に見ると、プライマークは13%の増収。1年前は悪天候で苦戦しており、その反動のほか、英国におけるシェア拡大が貢献した。6月20日時点での総店舗数は339店舗で、通期末までにさらに英国で4店舗、イタリアで1店舗を新たに開設する予定。通年で売り場面積を14万平方メートル余り拡大するとの目標を達成できる見通しだ。

「シルバースプーン」を擁する製糖部門の売上高は、砂糖価格がこれまで高めで推移してきたことに加え、アフリカなどでの増産が実を結び、増収を確保。

紅茶「トワイニング」を主力とする食品部門は、足元の英国でパン事業が苦戦したものの、トワイニングやオーストラリア事業が伸び、こちらも前年を上回った。農業部門と原材料部門も共に引き続き好調だった。

ABFは通年について、特別損益を除く営業利益が前年から伸びるとの見通しを維持している。


関連国・地域: 英国イタリアアジアアフリカ
関連業種: 食品・飲料アパレル・繊維農林・水産商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー・日産・三菱、新興企業に5千万ドル(05/23)

ソニー、EMIを子会社化 ムバダラの保有株60%を取得(05/23)

航空IAG、NASに3度目の買収提案(05/23)

飲料アンバー、豪の大手卸売業者を買収(05/23)

バークレイズ、カタール融資問題で公訴棄却(05/23)

ルフトハンザ、北米路線で格安料金導入へ(05/23)

財政収支、4月は赤字縮小(05/23)

CBI製造業受注、5月は減速(05/23)

トヨタ、HV禁止なら英工場への投資停止も(05/23)

M&S、2022年までに国内100店舗超を閉鎖(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン