ブダペストの家賃、昨夏から9%上昇

ブダペストの家賃が高騰している。昨夏に比べ9%上昇し、月平均15万5,000~16万フォリント(570~588ドル)にまで値上がりしている。ブダペスト・ビジネス・ジャーナルが5日伝えた。

それによると、自然が多く外国人に人気の12区と2区はそれぞれ25万フォリント、21万5,000フォリントと平均を大幅に上回った。市中心部で歴史的建造物の多い5区は2万7,000フォリント。これらの地区ではニーズを見込んで、老朽化した建物の改修が盛んに行われている。

ブダペストでは分譲住宅市場も加熱している。昨年の物件購入者の20%超が外国人。価格が高騰しているとはいえ、欧州各国の首都の平均価格を50%以上も下回っているのがその理由。購入の動機は、短期・長期での賃貸、または改修後の転売など投機目的が多い。


関連国・地域: ハンガリー欧州
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

ハンガリーGDP、第1四半期は4.4%拡大(05/17)

ダイムラー、ハンガリーで新型の生産開始(05/16)

ボーダフォン、CEO退任へ 在任10年間で事業再編に手腕(05/16)

ソロス氏の人権財団、ハンガリーから撤退(05/16)

ハンガリーのインフレ率、4月は2.3%(05/14)

ハンガリー小売売上高、3月は7.1%増加(05/14)

ハンガリー貿易収支、3月は黒字縮小(05/11)

EBRD、中欧・南東欧の見通し引き上げ(05/11)

ボーダフォン、米リバティの欧州資産取得(05/10)

欧州二輪車登録台数、1~3月は6.1%減少(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン