• 印刷する

ロンドン、欧州のIT投資で首位を維持

英国の欧州連合(EU)離脱に伴う先行き不透明感にもかかわらず、ロンドンが依然として欧州最大のIT(情報技術)投資先となっている――。ロンドンの公式プロモーション機関であるロンドン&パートナーズが5日公表したデータでこうした実態が明らかになった。

それによると、ロンドンを拠点とするIT企業に対する2017年上半期(1~6月)のプライベートエクイティー(PE)投資は34件。総額は45億ポンドと、過去5年の平均を大きく上回った。ベンチャー・キャピタル(VC)の投資額は11億ポンドで、2位のベルリン(7億7,500万ポンド)を大きく引き離し、過去10年で最高の水準に達している。

最も多くのベンチャー資金を調達したのは、仮想現実(VR)技術を手掛ける英インプロバブル(Improbable)で3億8,800万ポンドを確保。ソーシャルレンディング会社ファンディング・サークルは8,200万ポンドを集めている。


関連国・地域: 英国ドイツEU
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

石油シェル、第3四半期は92%減益(10/30)

ロイズ銀、第3四半期は20倍超に増益(10/30)

乗用車生産、9月は5%減少(10/30)

スタンチャート、香港で青年就職支援を始動(10/30)

タイ政府、EUとの貿易協定の再締結案承認(10/30)

ヒースロー空港、欧州首位転落 第3四半期は利用者数8割減(10/29)

一時帰休後の失職率、若者と非白人で高く(10/29)

メルセデス、アストンマーティンに追加出資(10/29)

BT、大都市でエリクソンから5G機器調達(10/29)

製薬GSK、第3四半期は13%減益(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン