ロンドン、欧州のIT投資で首位を維持

英国の欧州連合(EU)離脱に伴う先行き不透明感にもかかわらず、ロンドンが依然として欧州最大のIT(情報技術)投資先となっている――。ロンドンの公式プロモーション機関であるロンドン&パートナーズが5日公表したデータでこうした実態が明らかになった。

それによると、ロンドンを拠点とするIT企業に対する2017年上半期(1~6月)のプライベートエクイティー(PE)投資は34件。総額は45億ポンドと、過去5年の平均を大きく上回った。ベンチャー・キャピタル(VC)の投資額は11億ポンドで、2位のベルリン(7億7,500万ポンド)を大きく引き離し、過去10年で最高の水準に達している。

最も多くのベンチャー資金を調達したのは、仮想現実(VR)技術を手掛ける英インプロバブル(Improbable)で3億8,800万ポンドを確保。ソーシャルレンディング会社ファンディング・サークルは8,200万ポンドを集めている。


関連国・地域: 英国ドイツEU
関連業種: 経済一般・統計IT・通信金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

ユニリーバ、2.4%減益 ストの影響で中南米落ち込む(07/20)

エアバス、衛星機能持つ太陽光ドローン公開(07/20)

小売売上高、6月は0.5%減少(07/20)

スポーツダイレクト、通期は12%増益(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

レストランのガウチョ、管財人の管理下に(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン