ダイムラー、北京汽車とEV生産で大型投資

独自動車大手ダイムラーは5日、中国国有の北京汽車工業(BAIC)と共同で、バッテリー式電気自動車(BEV)の生産に50億元(7億3,500万ドル)を投資すると発表した。両社が合弁で展開する北京ベンツ自動車はその一環として、中国にEV向け電池工場を建設する。

電池工場への投資額は数億ユーロに上る見通しで、ダイムラーの電池工場としてはドイツ国外で初。BEVの生産開始は2020年を予定する。ダイムラーは、2025年までにメルセデス・ベンツのEV販売台数における中国の比重が大きく高まると予想。現地生産が、EVポートフォリオの成功や、EV需要への柔軟対応の鍵を握るとした。

両社は6月、中国における新エネルギー車(NEV)分野で戦略的提携を締結。世界最大のNEV市場である同国で事業基盤を固める狙いで、北京ベンツ自動車の工場刷新に追加投資する方針を示していた。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 自動車・二輪車電機製造一般金融・保険建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

VWの世界販売、4月は10.2%増加(05/21)

アリオン銀行、2カ国のナスダックに上場へ(05/21)

ディーゼル車の乗り入れ規制、実施に青信号(05/21)

生産者物価、4月は2%上昇(05/21)

プーマ、NY5番街に旗艦店開設へ(05/21)

高級車アウディ、中国で66万台をリコール(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

最高裁、ビールの健康増進うたう広告を禁止(05/21)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

独政府、5G向け周波数の入札を来年に延期(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン