仏国民の6割「移民は社会に溶け込む努力不足」

フランス国民の大半が、移民は社会に溶け込む努力をしていないと感じている——。仏紙ルモンドが調査会社イプソスに委託した最新調査で、こうした傾向が明らかになった。

それによると、全体の61%が「移民はフランス社会に溶け込む努力をしていない」と回答。2016年の調査から3ポイント上昇した。「移民にとって社会統合は難しいことではない」と答えたのは46%で、1ポイント低下した。

また、「フランスには外国人が多過ぎる」と感じているのは全体の65%に上り、近年は上昇傾向にある。「現在はかつてのように自国にいる気がしない」と答えたのは60%と、こちらも高水準だった。

回答者を支持政党別に見ると、極右・国民戦線を支持する人のうち95%が、「フランスには外国人が多過ぎる」と回答。一方、マクロン大統領率いる中道の新党「共和国前進(REM)」と中道左派の社会党の支持者では、共に46%にとどまっている。


関連国・地域: フランス
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

製造業景況感、5月は横ばい(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

スマホの中国・小米、パリに初店舗オープン(05/25)

ウーバー、パリに「空飛ぶタクシー」研究所(05/25)

自動車部品オートディス、IPO実施を延期(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン