• 印刷する

仏国民の6割「移民は社会に溶け込む努力不足」

フランス国民の大半が、移民は社会に溶け込む努力をしていないと感じている——。仏紙ルモンドが調査会社イプソスに委託した最新調査で、こうした傾向が明らかになった。

それによると、全体の61%が「移民はフランス社会に溶け込む努力をしていない」と回答。2016年の調査から3ポイント上昇した。「移民にとって社会統合は難しいことではない」と答えたのは46%で、1ポイント低下した。

また、「フランスには外国人が多過ぎる」と感じているのは全体の65%に上り、近年は上昇傾向にある。「現在はかつてのように自国にいる気がしない」と答えたのは60%と、こちらも高水準だった。

回答者を支持政党別に見ると、極右・国民戦線を支持する人のうち95%が、「フランスには外国人が多過ぎる」と回答。一方、マクロン大統領率いる中道の新党「共和国前進(REM)」と中道左派の社会党の支持者では、共に46%にとどまっている。


関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

仏上院選、共和党が第1党維持の見通し(09/29)

クレディ・アグリコル、サウジ行の株売却か(09/29)

PSA、中国・東風集団から自社株買い戻し(09/29)

再生エネのエレン、中国社と合弁設立へ(09/29)

英保険アビバ、仏事業売却で複数社と協議か(09/28)

全仏オープン、上限人数を1千人に引き下げ(09/28)

仏シャルリー・エブド旧本社近くで刺傷事件(09/28)

仏東部でスカート理由に女性殴られる(09/28)

仏アルストム、ルーマニアで線路改修受注(09/25)

仏、「危険地域マップ」を公開=規制を強化(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン