• 印刷する

欧州への難民流入、今年に入り10万人突破

国際移住機関(IOM)は4日、地中海を渡って欧州に流入した移民や難民の数が今年に入り10万人を超えたと発表した。欧州連合(EU)ではこの問題をめぐり、一段と緊張が高まっている。

7月3日時点までの流入数は10万1,210人。1年前と比べ半分以下に減っている。最初の到達地はイタリアが8万5,183人と最も多く、全体の85%近くを占めた。ギリシャは9,290人と2番目に多く、スペイン(6,464人)、キプロス(273人)がこれに続く。

この間、北アフリカから欧州まで到達できずに死亡したのは2,247人。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の最新調査によると、リビアから欧州への渡航は最も危険なルートにもかかわらず増えており、今後も増加し続ける可能性が高い。そもそもリビアに流入する移民や難民の約半分は仕事目当てだが、治安や経済状況が悪いことなどから、さらに欧州を目指す傾向にあるという。


関連国・地域: EUイタリアギリシャスペインキプロスアフリカ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

モンテネグロ・セルビアの高速建設が資金難(04/14)

<EU規制最前線>英国へのデュアルユース品目の輸出(04/14)

EU、イラン治安部隊8人に制裁=露は反発(04/14)

北欧の航空会社、電動航空機の投入に意欲(04/14)

仏トタルと独シーメンス、低炭素化で技術提携(04/14)

【ロシアはこう読め】コロナ禍のロシア労働移民事情(04/14)

アリタリア航空再生計画の協議が近く山場(04/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン