米ウーバー、クロアチアでボートのサービス開始

米配車サービス大手ウーバー(Uber)は、クロアチアのアドリア海沿岸で「ウーバーボート」のサービスを開始した。主要観光地をスピードボートで結ぶもので、観光客の多い夏季限定で展開する。ロイター通信などが伝えた。

新サービスはトルコのイスタンブールやエジプトで既に試験的に導入しているもの。利用者は配車の手順と同様、アプリで出発地と行き先を指定し、8~12人乗りのボートを手配できる。これにより南部スプリト(Split)やドブロブニクなどのほか、近くの島巡りも手軽にできるようになる。例えば、8人でスプリトからフバル(Hvar)島まで移動する場合、料金は2,600クーナ(400ドル)。半日や終日のレンタルもできるが、利用はすべて運転手付きで、自ら操縦することはできない。

クロアチアは欧州の観光地として人気が高く、観光産業は同国の国内総生産(GDP)の18%を占める。


関連国・地域: トルコクロアチア米国アフリカ中東
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス運輸・倉庫観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

中国とクロアチアの実業家、EV工場建設へ(05/18)

オーストリア航空、成田―ウィーン線を再開(05/18)

【ウイークリー統計】第7回 原子力発電と輸送部門の再生可能エネ導入(05/17)

クロアチア失業率、3月は11.5%に改善(05/02)

外食アムレスト、米ピザハットと契約更新(05/02)

ポーランド靴販売CCC、ルーマニア社買収(04/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン