ロンドンの地上鉄道網、年内に24時間運行を導入

ロンドン地下鉄(LU)の週末24時間運行サービス「ナイトチューブ」が、年内に地上鉄道網ロンドン・オーバーグラウンド(LO)に拡大される。LOにとっては、開業10年目の節目に新サービスを導入する格好となる。サディク・カーン・ロンドン市長が3日発表した。

それによると、今年12月にイーストロンドン線のニュークロスゲート―ダルストン・ジャンクション間で週末の深夜運行サービスを開始する。来年には対象区間がハイブリー&イズリントンまで延長される予定。なお、改修工事中のホワイトチャペルについては当初は停車せず、サービス開始は完工後の来年夏にずれ込む見通しだ。

カーン市長は、「ナイトチューブは、ロンドン中で大きな成功を収めている」と説明。年内に「ナイトオーバーグラウンド」が誕生することを歓迎した。

ナイトチューブは、乗客数が特に多い金曜と土曜の夜に運行されており、バスやタクシーに代わる深夜の交通手段としてロンドン市民の支持を集めている。昨年8月にセントラル線とビクトリア線で導入された後、これまでにジュビリー線、ピカデリー線、ノーザン線に拡大。2023年に近代化プログラムが終了した後は、メトロポリタン線、サークル線、ハマースミス&シティー線でも導入される予定だ。


関連国・地域: 英国
関連業種: 電力・ガス・水道商業・サービス運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン