• 印刷する

ロンドンの地上鉄道網、年内に24時間運行を導入

ロンドン地下鉄(LU)の週末24時間運行サービス「ナイトチューブ」が、年内に地上鉄道網ロンドン・オーバーグラウンド(LO)に拡大される。LOにとっては、開業10年目の節目に新サービスを導入する格好となる。サディク・カーン・ロンドン市長が3日発表した。

それによると、今年12月にイーストロンドン線のニュークロスゲート―ダルストン・ジャンクション間で週末の深夜運行サービスを開始する。来年には対象区間がハイブリー&イズリントンまで延長される予定。なお、改修工事中のホワイトチャペルについては当初は停車せず、サービス開始は完工後の来年夏にずれ込む見通しだ。

カーン市長は、「ナイトチューブは、ロンドン中で大きな成功を収めている」と説明。年内に「ナイトオーバーグラウンド」が誕生することを歓迎した。

ナイトチューブは、乗客数が特に多い金曜と土曜の夜に運行されており、バスやタクシーに代わる深夜の交通手段としてロンドン市民の支持を集めている。昨年8月にセントラル線とビクトリア線で導入された後、これまでにジュビリー線、ピカデリー線、ノーザン線に拡大。2023年に近代化プログラムが終了した後は、メトロポリタン線、サークル線、ハマースミス&シティー線でも導入される予定だ。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州首脳、米大統領就任祝う 「米・EU関係の再活性化を」(01/22)

イングランドの都市封鎖、感染抑制効果薄く(01/22)

ガラスのピルキントン、ポーランド工場拡張(01/22)

HSBC、英国内で管理職340人整理も(01/22)

車部品ヒューランド、印社が株式取得(01/22)

ファイザー製ワクチン、英変異種にも有効か(01/22)

インフレ率、12月は0.6%に加速(01/21)

生産者物価、12月は0.4%低下(01/21)

英国内最大漁港、水揚げ量が減少=EU離脱(01/21)

IAG、エア・ヨーロッパの買収額を半減(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン