• 印刷する

キプロス南北の再統合に向けた和平交渉が再開

40年以上にわたり分断状態が続く南北キプロスの再統合に向けた和平交渉が28日朝、ジュネーブで再開された。両者の協議は5月に中断しており、約2カ月ぶりの交渉再開となった。ロイター通信などが伝えた。

キプロス共和国のアナスタシアディス大統領と北キプロス・トルコ共和国のアクンジュ大統領は前回の協議で、英国とトルコ、ギリシャが参加する会議の様式をめぐって意見が対立し、交渉は行き詰まっていた。これを受け、両大統領は先に、米ニューヨークでグテレス国連事務総長と会談し、事態打開を図ることで一致。今回もトルコのチャブシオール外相やギリシャのコジアス外相、国連公使、欧州連合(EU)代表者がオブザーバーとして出席したが、英国のジョンソン外相はこの日の交渉を欠席している。

仲介役を務めるエスペン・バート・アイデ国連特使は27日、「交渉は最良の機会」としたものの、最終的な合意に至るには時間がかかるとの見方を示した。交渉では、キプロス島の北側に駐留するトルコ軍撤退などが主な争点となっている。

キプロスは1960年に英国から独立。1974年にギリシャとの統合を望むギリシャ系勢力がクーデターを起こすと、トルコ系住民の多い北部はトルコ軍に占領され、1983年に独立を宣言した。しかし北キプロスはトルコ以外の国からは国家として承認されておらず、南部のキプロス共和国だけが国連やEUに加盟している。


関連国・地域: 英国EUギリシャスイストルコキプロス米国
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【ウィークリー統計】第20回 家計貯蓄率と物価水準(09/13)

EV新車登録台数、第2四半期は43.8%増加(09/10)

南アのMTN、キプロス子会社の売却完了(09/05)

EU市民の84%がサマータイム廃止を支持(09/04)

ウクライナへのFDI、ロシアが最多(09/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン