• 印刷する

バルス仏元首相、社会党を離党=REMと連携

フランスのバルス元首相は27日、社会党を離党する方針を明らかにした。今後はマクロン大統領率いる中道新党「共和国前進(REM)」(旧アン・マルシュ)と連携していく。RTLラジオでのインタビューを元に、AFP通信が伝えた。

バルス氏は、「私の政治活動の一部は終わりを迎える。私は社会党を去っており、もしくは社会党も私から離れている」と述べた。REMは、バルス氏の発言を受けて、議会で同氏と協力関係を築くことが賛成多数で承認されたとの声明を出した。

バルス氏は先の総選挙で、エソンヌ県選挙区で再選を果たしている。同氏は当初、REMから立候補する意向を示したが、REMはこれを拒否。ただ、同氏の選挙区に対抗馬を擁立することを見送っていた。総選挙ではREMが圧倒的過半数を獲得した一方で、社会党の獲得議席はわずか30議席にとどまった。

バルス氏はオランド前政権で2014~2016年に首相を務めた。大統領選に出馬するために2016年12月に辞任したが、その後の中道左派陣営の大統領選予備選でアモン前国民教育相に破れた。


関連国・地域: フランス
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

仏上院、風力発電計画の拒否権巡る法案可決(06/23)

アクサ、マレーシア事業を伊ゼネラリに売却(06/23)

フランスなどでナイトクラブ再開の動き進む(06/23)

エシロールルクソティカ、買収計画を見直し(06/23)

仏石油トタル、ステランティスと提携延長(06/23)

仏地方選、与党が惨敗 全地域圏で振るわず=第1回投票(06/22)

自動車ダチア、新たなロゴ公表=ブランド刷新(06/22)

エア・リキード、空港の水素インフラ整備へ(06/22)

エア・リキード、シベリア新工場が稼働(06/22)

ビベンディ、UMGの株式10%売却で合意(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン