• 印刷する

英国、世界初のATM導入から50周年

英国は27日、世界初の現金自動預払機(ATM)がロンドンで導入されてから50周年を迎えた。この節目を記念し、世界第1号機が設置された英金融大手バークレイズの支店では、金色に装飾されたATMが登場した。

世界初のATMは、スコットランド人の発明家ジョン・シェパードバロン氏によって開発され、1967年6月27日にロンドン北部のインフィールド(Enfield)支店で導入された。バークレイズのラヒール・アハメド氏は、同行がATMの歴史的な役割を担っていることに誇りを感じるとした上で、「近年はデジタル・バンキングやカード決済が急速に進んでいるが、現金は依然として人々の日常生活の重要な一部」とコメントした。

バークレイズよると、現在英国には約7万機のATMがあり、昨年に引き出された現金の総額は1,750億ポンドに上る。また、ATMに対応するカードは1億7,600万枚発行されているという。

節目を祝って金色に装飾されたATM(バークレイズ提供)

節目を祝って金色に装飾されたATM(バークレイズ提供)


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

英当局、送ガス電事業者の利益率半減を提案(07/10)

ライアンエアー、英客室乗務員の減給で合意(07/10)

HSBC、米国の一部事業で4億ドル損失も(07/10)

BP、印再生エネ基金に7千万ドル出資(07/10)

ロンドンでクレーンが民家直撃、1人死亡(07/10)

若者の雇用創出に20億ポンド 英政府、VAT減税や外食支援も(07/09)

英HSBC、仏で255人を整理へ(07/09)

ボルボ、英ブロックチェーン会社に投資(07/09)

英、北アにEUの検疫施設を設置へ(07/09)

エア・リキード、台中市の新工場着工(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン