• 印刷する

スペイン南部で山火事=1500人超が避難

スペイン南部アンダルシア州のモゲル(Moguer)で24日夜、山火事が発生し、1,500人超が自宅や宿泊先のホテルなどから避難した。ロイター通信などが伝えた。

地元当局は25日午前11時(現地時間)までに、航空機11機、ヘリコプター10機、多数の陸上車を派遣。500人以上の消防士が消火活動に当たった。現場付近には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に指定されているドニャーナ国立公園があり、絶滅危惧種の動物を多く保護する同公園への影響も懸念されている。地元紙によると、出火の原因は放火の可能性が高いという。

先には隣国ポルトガルでも山火事が発生。64人の死亡が確認されている。


関連国・地域: スペインポルトガル
関連業種: 運輸観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

インディテックス、上半期は黒字回復(09/16)

スペイン、エネルギー価格引き下げ策導入へ(09/15)

NEC、スペイン社とオープンRAN導入へ(09/15)

双日、スペインの電力小売事業に参入(09/14)

スペイン南部の森林火災、6日目に(09/14)

バルセロナ空港拡張、環境破壊問題で保留に(09/13)

当局、豪社のナトゥルジー株取得計画を承認(09/09)

住友商事、ボタシュと船舶用LNG供給提携(09/09)

シーメンスガメサ、再利用可能ブレード開発(09/08)

バレンシアで2年ぶりに火祭り開催(09/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン