• 印刷する

マクロン仏大統領とフィリップ首相、支持率上昇

マクロン仏大統領とフィリップ首相の支持率が共に64%に上昇し、高水準に達している。調査機関Ifopが仏日曜紙ジュルナル・デュ・ディマンシュの委託で実施した世論調査で、このような結果が明らかになった。

調査は6月14~24日に、18歳以上の1,883人を対象に実施。マクロン大統領の支持率は5月の前回調査から2ポイント上昇し、一方のフィリップ首相は大きく9ポイント伸びた。同大統領率いる中道新党「共和国前進(REM)」(旧アン・マルシュ)が先の国民議会選挙で単独過半数を獲得したことや、外交デビューが成功裏に終わったことが背景にある。

Ifopは今回の結果から、公金横領疑惑などを発端とした中道政党「民主運動」党首のバイル前法相やグラール前国防相など同党出身の3閣僚の辞任や、REMのフェラン前国土団結相の辞任は支持率に大きな影響を及ぼさなかったと結論付けた。

■フェラン氏が国民議会会派トップに

フェラン前国土団結相は24日、国民議会のREM会派トップに選任された。議員308人のうち306人が信任。縁故採用などの疑惑で捜査対象となっているにもかかわらず、同氏の権威や経験への期待が勝った格好だ。


関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エンジー、UAEでグリーン水素工場開発へ(01/21)

ポーランド最高裁、国境報道規制に違法判決(01/21)

仏製造業景況感、1月も改善(01/21)

華晨ルノーの再建、中国地裁が管理人任命(01/21)

フランス電力、26日にストも=政府に抗議(01/20)

ルイ・ヴィトン、韓国市中免税店から撤退へ(01/20)

豊田通商、英社に出資でケニア事業参入へ(01/20)

仏、国内ユニコーン企業が25社に到達(01/19)

トタル、アンゴラの鉱区権益を売却(01/19)

プジョー、比で新たな販売代理店を選定(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン