• 印刷する

イタリア地方選、中道右派勢力が躍進

イタリアの110の市町で25日、首長選挙の決選投票が実施され、初期段階の開票結果ではベルルスコーニ元首相が率いるフォルツァ・イタリアなど中道右派勢力が躍進した。中道左派の与党・民主党は、これまで中道左派の牙城だった北部ジェノバをはじめ多くの都市で中道右派がリードしている。ロイター通信などが伝えた。

ジェノバでは、フォルツァ・イタリアと移民や欧州単一通貨ユーロに反対する北部同盟の両党が推す候補が得票率54%、民主党の候補が46%となり、50年以上ぶりに中道右派が奪取。北部のベローナやコモ、ピアチェンツァ、モンツァのほか中部のラクイラ、南部のカタンザーロでも中道右派の候補が勝利するとみられる。

一方、欧州連合(EU)懐疑派の新興政党「五つ星運動」の候補は、11日に行われた1回目の投票で、ほとんどの主要都市で決選投票に進めずに敗退。今回の投票でも中部カッラーラなど一部の市町での勝利にとどまった。

イタリアでは来年5月までに総選挙が予定されている。地方選では各地それぞれの問題で争われるため国政選挙の傾向とは必ずしも一致しないとの見方があるほか、フォルツァ・イタリアと北部同盟など中道右派勢力が国政レベルで連携できるか疑問視されている。ただ民主党が今回は振るわなかったため、早期の総選挙実施の可能性は遠のいたとされる。


関連国・地域: EUイタリア
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

ベネチア、洪水対策の防波堤を初導入(07/14)

イタリア鉱工業生産、5月は42.1%増加(07/13)

伊連立政権、道路運営権巡り合意形成目指す(07/10)

伊政府、AGCのバイオ技術社買収に介入も(07/09)

ユーロ圏経済、8.7%縮小も 仏伊スペインで2桁の落ち込み(07/09)

欧州委、FCAとPSAの合併調査を延長(07/09)

欧州委、10カ国に旅行者の権利保護を要求(07/07)

FCA、仏PSAとの合併条件「変更なし」(07/06)

イタリア新車登録台数、6月は23.1%減少(07/03)

イタリア失業率、5月は7.8%に悪化(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン