• 印刷する

西議会、カタルーニャ州独立投票の実施を否決

スペイン議会は22日、北東部カタルーニャ自治州が分離独立の是非を問う住民投票の実施権限を得るための法案を250対92の反対多数で否決した。ザ・ローカルなどが伝えた。

カタルーニャ自治州の州議会(定数135)は2015年11月、スペインからの分離独立に向けた政治手続きを開始する決議案を可決。スペインの憲法裁判所はこれに対し、決議を無効とする判決を下したほか、スペイン中央政府も一貫して反対する立場を貫いていた。しかし、プチデモン州首相は先に、10月1日に住民投票に踏み切る方針を固めていた。

与党・国民党(PP)と最大野党・社会労働党(PSOE)、中道新党シウダダノス(Ciudadanos)の議員は21日、議会の採決を前に既に反対の意を表明していた。カタルーニャ自治州政府は今回の否決を受け、7月4日に住民投票について法的な詳細などを含め説明を行うと述べている。

なお、カタルーニャ自治州政府は2014年にも、中央政府に同様の住民投票を行う権限を請願しており、このときも反対多数で否決されていた。


関連国・地域: スペイン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

BBVA、スペインで3千人削減を検討か(02/25)

電力エンデサ、通期は8倍超に増益(02/25)

EU、プチデモン氏ら議員の免責特権剥奪も(02/25)

建設ブディメックス、不動産事業を売却へ(02/24)

航空BA、融資などで24.5億ポンド確保(02/23)

フォルシア、音響事業を独アドラーに売却(02/22)

建設アクシオナ、米社と水素事業の合弁設立(02/19)

カタルーニャ独立派が過半数 州議会選、現与党が最多議席(02/16)

スペインとポルトガル、3月まで国境封鎖(02/12)

ユーロ圏経済、3.8%拡大へ 変異株出現など受け下方修正(02/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン