• 印刷する

ルーマニア、オンラインビジネスはEUで最下位

欧州連合(EU)加盟国のうちオンラインビジネスを展開している企業の割合が最も低かったのはルーマニア——。EUの統計局ユーロスタットが発表した2016年の調査でこうした実態が明らかになった。

ルーマニアで昨年オンライン販売を行った企業は全体の7%と、EU平均の20%を大きく下回った。ブルガリアは9%と、こちらも低水準にとどまっている。一方、最も高かったのはアイルランドで30%。これにデンマーク(29%)、ドイツ、スウェーデン(共に28%)が続いた。

オンライン購入を商品別に見ると、衣料品・スポーツ用品がトップで、オンラインで買い物をする人のうち約6割が両方、またはいずれかの商品を購入していた。このほか、旅行・宿泊施設(52%)や家庭用品(44%)、催し物のチケット(38%)も上位に付けた。半面、医薬品をオンラインで購入したのは全体の13%と最も低く、食品も23%で低調だった。


関連国・地域: ドイツEUアイルランドスウェーデンデンマークルーマニアブルガリア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品繊維IT・通信小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ウニクレディト、政府に70億ユーロ超要求も(10/19)

FB、EUで1万人雇用へ=仮想空間開発(10/19)

エーザイ、抗がん剤併用療法が承認勧告(10/19)

UAE農業企業、東欧3カ国に工場開設へ(10/19)

コーヒー豆の対北欧輸出、ベトナムが開拓へ(10/19)

【今週の主な予定】10月18~22日(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン