スペイン、森林火災の夜間監視にドローン導入へ

スペイン政府は20日、森林火災の防止策の一環として夜間監視用のドローン(小型無人機)4台を導入すると発表した。今夏の猛暑と深刻な干ばつを受け、対策に一層力を入れる構え。同国として初の試み。

ドローンは西部レオン、東部アルバセテ(Albacete)、北東部サラゴサ(Zaragoza)、南西部カセレス(Caceres)に配備され、そこから全国に出動する。さらに、スペイン政府は空中放水用ヘリコプターなど計70機を配備し、空からの対策に万全を期す。地方自治体が所有する機体を含めると計256機に上る。夏の高温期にはパイロットを含め1,000人以上が森林火災対応に当たる。

ガルシアテヘリーナ農業・食料・環境相は、今年は「欧州屈指の体制」で臨むとしている。隣国ポルトガルで17日に山火事が発生し、少なくとも64人が死亡したが、これと同規模の火災が発生した場合でも「自信を持って対応できる」と語っている。

スペイン政府は今年の森林火災の防止に8,500万ユーロの予算を組んでおり、2016年の7,900万ユーロからさらに拡大した。[環境ニュース]


関連国・地域: スペインポルトガル
関連業種: 農林・水産運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

スペイン、今年の財政赤字目標を引き上げ(07/16)

欧州委、ライアンエアーのラウダ買収を承認(07/16)

イベルドローラ、新興企業への投資が効果(07/16)

石油セプサ、UAEのムバダラが株式売却も(07/16)

ライアンエアー、愛でパイロットが追加スト(07/16)

シュツットガルト市、来年から旧式車禁止(07/13)

西最高裁、プチデモン氏らの議員資格停止(07/13)

シーメンスガメサ、南アで風力タービン受注(07/13)

ユーロ圏成長予測を下方修正 欧州委の夏季経済見通し(07/13)

NATO首脳会議、防衛費などが焦点に(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン