• 印刷する

スウェーデン、ブレグジット決定後にEU支持拡大

スウェーデン人の欧州連合(EU)支持率が、英国のEU離脱決定後に拡大している——。こうした傾向が、米国のピュー研究所による最新のEUに関する意識調査で明らかになった。ザ・ローカルが20日伝えた。

調査は3月2日~4月17日、EU加盟10カ国(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オランダ、スウェーデン、ギリシャ、ポーランド、ハンガリー)に住む約1万人を対象に行われた。この結果、スウェーデン在住者の65%が、EUに肯定的な見方を示し、1年前の54%から上昇していることが分かった。18~29歳の若年層に限ると、EUに対する支持率は69%に達し、50歳以上のシニア層の62%を上回っている。

スウェーデンのEU離脱の是非については、離脱の支持者はわずか22%にとどまった。ただ、全体の53%が、国民投票を再び行うべきと回答している。スウェーデンは1994年にEU加盟の是非を問う国民投票を実施。52.2%が賛成し、1995年にEUに合流した経緯がある。

なお、調査対象10カ国全体では、63%がEUを支持。ギリシャを除く9カ国で、ブレグジット決定後に、EUに対する肯定的な見方が強まった。国別ではポーランドが74%と最も高く、これにドイツ(68%)、ハンガリー(67%)が続いた。支持率が過半数を割り込んだのはギリシャ(33%)のみ。2019年にEUを離脱する英国では54%がEUに肯定的な見方を示し、否定的な40%を上回った。

調査対象となったEU加盟10カ国は、域内の人口の80%、域内総生産(GDP)の84%を占める。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアギリシャスウェーデンスペインオランダポーランドハンガリー米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ABB、事業売却で日立や三菱電機と協議(11/19)

スウェーデン議会、穏健党の首相候補を否決(11/15)

スポティファイ、中東など13カ国に進出(11/15)

スノーピーク、ロンドンに英子会社設立(11/15)

スカニア、コロンビアに天然ガスバス納入(11/14)

アマゾン、イタリアにデータ部門を新設へ(11/14)

テトラパック、実質本拠地で150人を整理へ(11/12)

愛ライアンエアー、独客室乗務員と交渉妥結(11/12)

スペイン、観光客は鎮痛剤ノロティル買えず(11/09)

EV新車登録台数、第3四半期は30%増加(11/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン