スウェーデン、ブレグジット決定後にEU支持拡大

スウェーデン人の欧州連合(EU)支持率が、英国のEU離脱決定後に拡大している——。こうした傾向が、米国のピュー研究所による最新のEUに関する意識調査で明らかになった。ザ・ローカルが20日伝えた。

調査は3月2日~4月17日、EU加盟10カ国(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オランダ、スウェーデン、ギリシャ、ポーランド、ハンガリー)に住む約1万人を対象に行われた。この結果、スウェーデン在住者の65%が、EUに肯定的な見方を示し、1年前の54%から上昇していることが分かった。18~29歳の若年層に限ると、EUに対する支持率は69%に達し、50歳以上のシニア層の62%を上回っている。

スウェーデンのEU離脱の是非については、離脱の支持者はわずか22%にとどまった。ただ、全体の53%が、国民投票を再び行うべきと回答している。スウェーデンは1994年にEU加盟の是非を問う国民投票を実施。52.2%が賛成し、1995年にEUに合流した経緯がある。

なお、調査対象10カ国全体では、63%がEUを支持。ギリシャを除く9カ国で、ブレグジット決定後に、EUに対する肯定的な見方が強まった。国別ではポーランドが74%と最も高く、これにドイツ(68%)、ハンガリー(67%)が続いた。支持率が過半数を割り込んだのはギリシャ(33%)のみ。2019年にEUを離脱する英国では54%がEUに肯定的な見方を示し、否定的な40%を上回った。

調査対象となったEU加盟10カ国は、域内の人口の80%、域内総生産(GDP)の84%を占める。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアギリシャスウェーデンスペインオランダポーランドハンガリー米国
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ノルスク・ウィンド、米FBに電力提供(05/24)

【ウイークリー統計】第8回 老年人口指数と若年層の実家暮らし(05/24)

ティッセン、米ヘッジファンドが出資へ(05/24)

ユーロ未採用の7カ国、導入条件満たさず(05/24)

ボルボ、英国で全モデルがWLTP適合(05/24)

H&M、南アでサプライヤー探しに着手(05/23)

スウェーデン、有事対応マニュアルを公開(05/23)

ルフトハンザ、北米路線で格安料金導入へ(05/23)

シーメンス、クリーン・モーションと提携(05/23)

オンライン家具販売ホーム24、IPOを検討(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン