• 印刷する

ブリュッセル駅でテロもけが人なし=犯人射殺

ベルギーの首都ブリュッセルの中央駅で20日午後8時半ごろ(現地時間)に小規模な爆発が起きた。利用客などにけが人はなく、容疑者は現場で兵士に射殺された。検察当局はテロと断定している。BBC電子版などが伝えた。

犯人はモロッコ出身の男(36)で、21日はイニシャル「O.Z」のみが公開された。昨年3月のブリュッセル同時多発テロや2015年にパリで起こったテロの実行犯らが拠点としていた移民街モーレンベーク(Molenbeek)地区に住んでいたが、警戒対象者のリストには入っていなかったという。男は当時、くぎやガスボンベの入ったバッグを保有。「神は偉大なり」と叫んだ後、自爆テロを決行する寸前だった。

ベルギーでは4段階のテロ警戒レベルが依然として上から2番目に設定されており、主要な建物や交通機関で兵士が警備に当たっているほか、公共エリアでも不定期で巡回が続けられている。隣国フランスでは4月にパリ・シャンゼリゼ通りで警察のバスが襲撃される事件が起きたほか、19日には憲兵隊の車両に乗用車が突っ込み、運転していた男が出火により焼死する事件が起きている。


関連国・地域: フランスベルギーアフリカ
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スポティファイ、タイ進出で広告代理店指定(05/27)

セムレックス、コンゴ民主が旅券契約破棄(05/20)

ブリュッセル航空、全従業員の4分の1整理(05/13)

ABインベブ、第1四半期は13.7%減益(05/12)

英ワイト島で感染追跡アプリを試験導入(05/06)

ベルギー、コロナ対策で育休給付金引き上げ(05/05)

伊で封鎖措置緩和=ポルトガルとベルギーも(05/05)

西仏など、公共交通機関でのマスク義務化(05/05)

「週2回フライドポテトを」=農家が提言(04/29)

ベルギー、5月4日から規制を段階的解除へ(04/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン