• 印刷する

ブリュッセル駅でテロもけが人なし=犯人射殺

ベルギーの首都ブリュッセルの中央駅で20日午後8時半ごろ(現地時間)に小規模な爆発が起きた。利用客などにけが人はなく、容疑者は現場で兵士に射殺された。検察当局はテロと断定している。BBC電子版などが伝えた。

犯人はモロッコ出身の男(36)で、21日はイニシャル「O.Z」のみが公開された。昨年3月のブリュッセル同時多発テロや2015年にパリで起こったテロの実行犯らが拠点としていた移民街モーレンベーク(Molenbeek)地区に住んでいたが、警戒対象者のリストには入っていなかったという。男は当時、くぎやガスボンベの入ったバッグを保有。「神は偉大なり」と叫んだ後、自爆テロを決行する寸前だった。

ベルギーでは4段階のテロ警戒レベルが依然として上から2番目に設定されており、主要な建物や交通機関で兵士が警備に当たっているほか、公共エリアでも不定期で巡回が続けられている。隣国フランスでは4月にパリ・シャンゼリゼ通りで警察のバスが襲撃される事件が起きたほか、19日には憲兵隊の車両に乗用車が突っ込み、運転していた男が出火により焼死する事件が起きている。


関連国・地域: フランスベルギーアフリカ
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

イネオス、アントワープで30億ユーロ投資(01/17)

台湾・工研院、IDEAコンサルトと覚書(01/16)

仏、ベルギー国境の野生イノシシを殺処分へ(01/16)

ベシックス、ドバイで高層タワーの建設受注(01/15)

独当局、シーメンスの鉄道事業統合に懸念(01/15)

シーメンスとアルストム、追加事業売却も(01/14)

オランダ、夕方勤務や日曜出勤が欧州最多に(01/11)

英政府、緊急フェリー会社の準備不足認める(01/10)

ユーロ圏生産者物価、11月は4%上昇(01/07)

ルフトハンザ、独や墺などで5500人増員へ(01/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン