• 印刷する

イケア、食品廃棄物を2020年までに半減へ

スウェーデンの家具製造・販売大手イケアは19日、食品事業で排出される食品廃棄物を2020年までに半減させると発表した。コスト削減と二酸化炭素(CO2)排出量の低減が狙い。ロイター通信などが伝えた。

イケアの食品事業は、ミートボールが人気のレストラン、ビストロから、スウェーデン食品を扱うマーケット、コーヒーコーナーまで、全世界のイケア約400店舗に併設されている。全店舗で廃棄される食品の量は年間4万3,000トン、金額にして88万ユーロ相当に上る。

これを受けて同社は、食品廃棄物の削減を目指したプロジェクトを2015年2月、英国とアイルランドの店舗で試験的に開始。それぞれ20%、45%の食品廃棄物の削減に成功したことから、2016年12月には実施店舗を世界84店舗まで拡大。現在までに廃棄物7万9,200キログラム、CO2にして34万1,000キログラムの削減に成功しているという。

イケアフードサービシズのトップを務めるマイケル・ラ・コール氏は、「この取り組みで、食品を大事な資源だと考える人が増えてほしい」とコメントしている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国アイルランドスウェーデン
関連業種: 食品・飲料その他製造小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

建設インプレニア、土木部門の一部を売却へ(10/29)

米アマゾン、スウェーデンに進出=北欧初(10/29)

BT、大都市でエリクソンから5G機器調達(10/29)

ベアリングのSKF、第3四半期は16%減益(10/28)

イベルドローラ、EV充電でボルボと協力(10/26)

通信機器エリクソン、第3四半期は黒字復帰(10/22)

スウェーデン、5G網で華為とZTEを排除(10/21)

テトラパック、容器回収でベトナム社と提携(10/21)

バッテンフォール、風力トップが独鉄鋼社へ(10/20)

トラックのボルボ、第3四半期は22%減益(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン