• 印刷する

ポルトガルで森林火災、少なくとも62人死亡

ポルトガル中部ペドロガン・グランデ(Pedrogao Grande)で17日に大規模な森林火災が発生し、これまでに少なくとも62人が死亡、62人が負傷した。19日夕の時点で消火活動は続いており、犠牲者がさらに増える恐れもある。BBC電子版などが伝えた。

現場には消防士2,000人以上が出動。付近の村や国道236号線は炎に包まれ、逃げ遅れた人が命を落とした。火災は近隣のカステロ・ブランコ(Castelo Branco)やコインブラ(Coimbra)まで広がった。コスタ首相は「今回の火事で、悲劇はかつてない水準に達した」と述べ、18日から3日間の服喪を宣言した。

火災は木への落雷が原因とみられる。しかも出火当時は空気が乾燥しており、風も強かったという。また、この週末のポルトガルは熱波に見舞われ、一部地域では気温が40度に達した。

ポルトガルでは昨年、複数の森林火災により、本土で合わせて10ヘクタール超が焼失している。[環境ニュース]


関連国・地域: ポルトガル
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー・日産・三菱、V2Gの独社に出資(06/28)

【ウイークリー統計】第40回 家族形態とキャンプの行き先(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン