• 印刷する

仏国鉄、高速列車TGVに自動運転導入へ

フランス国鉄(SNCF)は16日、2023年までに高速列車TGVの一部区間を半自動運転化すると発表した。列車の運行本数の拡大に役立てる狙い。高速列車の自動運転は世界で他に例がないという。

SNCFはこれに向け、仏重電大手アルストムおよびテクノロジー研究所(IRT)の「システムX」プロジェクトと提携。センサーとカメラ、レーダーを組み合わせた障害物および信号感知システムを開発している。

同社はまず、2019年に貨物列車の遠隔操作による無人運転試験を実施し、2021年には貨物列車とTER(地域圏急行輸送)の保守センターへの回送を一部無人運転に切り替える予定。2022年にはRER(首都圏高速鉄道網)E線のパリ西部への延長区間を半自動運転で開通し、商業化路線で初めて自動運転技術を導入する計画だ。

これらが順調に進めば、2023年にTGVの一部区間で半自動運転を実施できる計画。ただ、無人ではなく運転士は常に乗車するという。これにより、パリ―リヨン間の運行本数を25%増やせると見込んでいる。


関連国・地域: フランス
関連業種: その他製造運輸IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

キングスパン、ベルギー社の2事業に買収案(04/18)

アグリコル、西サンタンデールと事業統合へ(04/18)

マクロン大統領「5年でノートルダム再建」(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ユーロ圏貿易収支、2月は黒字拡大(04/18)

独政府専用機またも緊急着陸=旅客便に影響(04/18)

防衛タレス、印カルヤニと兵器開発で提携(04/17)

カルフール、店内店舗で中国・国美と提携(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン