ロシア国民の最大懸念は「低賃金」

ロシア国民が最も心配しているのは低賃金――。全体の23%が最大の懸念事項に挙げており、この割合は1年前から8ポイント上昇している。ロシア国営の調査機関VCIOMの最新調査を元に、イタルタス通信が伝えた。

調査は5月25~29日に、国内46州の130地域に住む計1,600人を対象に実施された。2番目に多かったのは国内経済で、21%が心配している。医療は20%とこれに次いで多く、1年前から8ポイント上昇した。

ほかでは、失業(16%)、教育(13%)、インフレ、汚職(共に11%)、低年金(10%)などが挙げられた。

VCIOMの専門コンサルタント、Chernozub氏は「低賃金に対する懸念に比べて、失業への恐れが比較的低いのは特筆すべきだ」とコメント。また、国民の汚職に対する意識が非常に高まっているとも指摘している。[労務]


関連国・地域: ロシア
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品金融・保険商業・サービス社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

ロステック、移動式LNG火力発電機を開発(07/16)

南北朝鮮とロシアの物流事業が再開も(07/13)

PSAの販売台数、上半期は38.1%増加(07/13)

ロシア、太陽光で稼働するドローン開発(07/13)

NATO首脳会議、防衛費などが焦点に(07/13)

ロシアのインフレ率、6月は2.3%(07/12)

【欧州企業よもやま話】第257回・ヤンデックス 検索エンジンから自動運転車まで(07/11)

エルドアン大統領が正式就任=財務相に娘婿(07/11)

モスクワ市、新たな最高層ビルの建設許可(07/11)

イラン、核合意維持のEU提案に不満表明(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン