ロシア国民の最大懸念は「低賃金」

ロシア国民が最も心配しているのは低賃金――。全体の23%が最大の懸念事項に挙げており、この割合は1年前から8ポイント上昇している。ロシア国営の調査機関VCIOMの最新調査を元に、イタルタス通信が伝えた。

調査は5月25~29日に、国内46州の130地域に住む計1,600人を対象に実施された。2番目に多かったのは国内経済で、21%が心配している。医療は20%とこれに次いで多く、1年前から8ポイント上昇した。

ほかでは、失業(16%)、教育(13%)、インフレ、汚職(共に11%)、低年金(10%)などが挙げられた。

VCIOMの専門コンサルタント、Chernozub氏は「低賃金に対する懸念に比べて、失業への恐れが比較的低いのは特筆すべきだ」とコメント。また、国民の汚職に対する意識が非常に高まっているとも指摘している。[労務]


関連国・地域: ロシア
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品金融・保険商業・サービス社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

ロシア経済、第1四半期は1.3%拡大(05/18)

露格付けACRA、スロバキアのERA買収(05/18)

自動車保険、EU離脱後の手続き煩雑化回避(05/18)

EEUとイラン、暫定的FTAを締結(05/18)

日揮と北斗、ウラジオストクでリハビリ施設(05/17)

韓国イースター航空、ウラジオストク便就航(05/17)

ロシア本土とクリミア半島を結ぶ橋が開通(05/17)

石油ロスネフチ、事業の国際化を推進(05/16)

露カスペルスキー、スイスに開発拠点を移転(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン