• 印刷する

ロシア国民の最大懸念は「低賃金」

ロシア国民が最も心配しているのは低賃金――。全体の23%が最大の懸念事項に挙げており、この割合は1年前から8ポイント上昇している。ロシア国営の調査機関VCIOMの最新調査を元に、イタルタス通信が伝えた。

調査は5月25~29日に、国内46州の130地域に住む計1,600人を対象に実施された。2番目に多かったのは国内経済で、21%が心配している。医療は20%とこれに次いで多く、1年前から8ポイント上昇した。

ほかでは、失業(16%)、教育(13%)、インフレ、汚職(共に11%)、低年金(10%)などが挙げられた。

VCIOMの専門コンサルタント、Chernozub氏は「低賃金に対する懸念に比べて、失業への恐れが比較的低いのは特筆すべきだ」とコメント。また、国民の汚職に対する意識が非常に高まっているとも指摘している。[労務]


関連国・地域: ロシア
関連業種: 医療・医薬品金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

検察、ポロシェンコ前大統領の汚職捜査開始(05/24)

米フォード、ロシアで1.5万台弱をリコール(05/24)

サウジアラムコ、北極LNG2への参画を断念(05/24)

ベラルーシ、石油製品の輸出規制が撤廃(05/23)

ゼレンスキー大統領、議会の解散を命令(05/23)

中国の対ロシア貿易、商務省が拡大に期待(05/23)

トタル、独製油所で生産調整=露産原油問題(05/23)

スーパーのディア、破産申請手続きを回避(05/22)

VWの世界販売、4月は6.6%減少(05/22)

露、ポーランドに導管経由の原油供給を再開(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン