• 印刷する

ロシア国民の最大懸念は「低賃金」

ロシア国民が最も心配しているのは低賃金――。全体の23%が最大の懸念事項に挙げており、この割合は1年前から8ポイント上昇している。ロシア国営の調査機関VCIOMの最新調査を元に、イタルタス通信が伝えた。

調査は5月25~29日に、国内46州の130地域に住む計1,600人を対象に実施された。2番目に多かったのは国内経済で、21%が心配している。医療は20%とこれに次いで多く、1年前から8ポイント上昇した。

ほかでは、失業(16%)、教育(13%)、インフレ、汚職(共に11%)、低年金(10%)などが挙げられた。

VCIOMの専門コンサルタント、Chernozub氏は「低賃金に対する懸念に比べて、失業への恐れが比較的低いのは特筆すべきだ」とコメント。また、国民の汚職に対する意識が非常に高まっているとも指摘している。[労務]


関連国・地域: ロシア
関連業種: 医療・医薬品金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、昨年は再び記録更新 中国2ブランド組み入れが寄与(01/21)

エンプラス、デリパスカ氏の出資率引き下げ(01/21)

UAE、ロシア産家禽を一部禁輸(01/21)

露マグニト、競合レンタの元CEOが社長に(01/18)

ロシアのインフレ率、12月は4.3%に加速(01/18)

EU、鉄鋼の輸入制限措置を正式に発動(01/18)

小売りメトロ、第1四半期は0.6%減収(01/18)

ロシア、白金鉱床の開発でジンバブエと合意(01/17)

ドイツ銀、ダンスケ銀巡り2度目の内部調査(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン