• 印刷する

ミュンヘン市、一部ディーゼル車の禁止を検討

独高級車大手BMWの本拠地であるミュンヘン市が、一部ディーゼル車の禁止を検討している。大気中の窒素酸化物(NOx)の濃度が最新データで欧州連合(EU)の基準を上回ったため。ディーター・ライター市長の話として、南ドイツ新聞が伝えた。

独自動車大手ダイムラーの高級車部門メルセデス・ベンツや、フォルクスワーゲン(VW)の高級スポーツカー部門ポルシェの本社があるシュツットガルト市も来年から、最新の排出基準を満たさないディーゼル車を禁じる方針。ミュンヘン市はこうした措置を回避したいとしながらも、将来的に現状を放置することは考えにくいとしている。

しかしBMWの広報担当者は、「大気の質の改善を図るには、ディーゼル車を禁止するよりも電気自動車(EV)の普及に取り組むべきだ」と主張。連邦政府も、州政府や地方自治体による個別の規制に反対している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独、通信機器企業のガバナンス監督強化へ(10/01)

ティッセン、事業再編で800人削減へ(10/01)

DHL、EU離脱で英国宛速達に追加料金へ(10/01)

ゾネン、バイエルン州工場の生産能力拡大へ(10/01)

BASF、廃タイヤ由来油の増産支援(10/01)

失業率、9月は6.3%に低下(10/01)

ドイツ小売売上高、8月は3.1%増加(10/01)

自動車部品ブローゼなど、カルテルで罰金(10/01)

排ガス不正、アウディ前CEOの公判開始(10/01)

バイエル、塩害受けるベトナム農家を支援(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン