• 印刷する

愛でバラッカー首相が誕生=史上最年少

アイルランド下院は14日、新首相選出に向けた投票を実施し、57対50の賛成多数で与党・統一アイルランド党(フィナ・ゲール)のレオ・バラッカー党首(38)を首相に指名した。これにより、同国では最年少かつ同性愛を公表している初のリーダーが誕生した。アイリッシュ・タイムズなどが報じた。

ケニー前首相はバラッカー氏について、「近代的で多様で、包括的なアイルランドを体現する人物」とコメント。また、同氏が学生時代から政治に関心を持ち、順当に政治家の道を歩んできたことに言及し、「アイルランドでは能力のある人が才能を開花させ、夢を実現することができる」と話している。

バラッカー氏は、インド出身で医者の父親とアイルランド人で看護師の母親を持つ。2007年に24歳で下院選に出馬し、初当選を果たした。2011年には、運輸・観光・スポーツ相に就任。その後、2014年から保健相を、昨年からは社会保護相を歴任した。ケニー氏の辞任を受けて先に実施された党首選では、対抗馬のサイモン・コベニー住宅・計画・地域・地方自治相(44)を下した。

なお、ケニー氏は2011年の政権交代以降、2期連続で首相を務めていたが、警察の不祥事への対応のまずさなどをめぐり、党内で辞任圧力が高まり、5月に党首を辞任した。後任就任に伴い、首相職からも退いた。


関連国・地域: アイルランドアジア
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

金融機関の英拠点移管先、ダブリンが首位(03/03)

ダブリンで規制反対デモ、警察官3人が負傷(03/02)

エアバスとNAS、発注取り消し条件で合意(02/26)

エアバス、航空NASが88機発注取り消しも(02/25)

ナットウエスト、通期は赤字転落=事業縮小(02/22)

トータル・プロデュース、米ドールと合併へ(02/19)

ナットウエスト、アイルランドから撤退か(02/19)

ライアンエアー、競合救済策巡る訴訟で敗訴(02/19)

アイルランド、全県にワクチン接種施設(02/17)

金融BAWAG、デプファ銀買収で合意(02/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン