エストニアでアフリカ豚コレラの感染確認

エストニア西部パルヌ(Parnu)県で、アフリカ豚コレラの感染が確認された。エストニア当局の発表を元に、バルチック・デイリーが14日伝えた。

当局は、パルヌ県アウドル(Audru)にある農場で豚の死亡率が上昇しているとの報告を受け、同農場を調査したところ、アフリカ豚コレラのウイルスが検出された。豚農場におけるアフリカ豚コレラの感染は約1年ぶり。同農場では、感染拡大を防ぐため、豚3,400匹が殺処分される。なお、同農場から半径10キロメートル以内に他の農場はないことから、追加の衛生措置は取られていない。

アフリカ豚コレラは最近、リトアニアとポーランドでも感染が確認されている。

アフリカ豚コレラは豚やイノシシが感染するウイルス性の疾患で、高い致死率が特徴。アフリカではサハラ以南全域で常在が確認されおり、野生の豚にも広がった場合、風土病となる可能性が指摘されている。ヒトに感染するリスクはない。


関連国・地域: ポーランドエストニアリトアニアアフリカ
関連業種: 医療・薬品農林・水産政治

その他記事

すべての文頭を開く

NATO首脳会議、防衛費などが焦点に(07/13)

ユーロ圏鉱工業生産、5月は1.3%増加(07/13)

欧州、各地で水不足による影響が深刻化(07/09)

ユーロ圏生産者物価、5月は3%上昇(07/05)

スペインのCAF、バス製造ソラリスを買収(07/04)

欧州と送電網を統合へ バルト3国とポーランド(07/02)

ユーロ圏インフレ率、5月は改定値も1.9%(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン