• 印刷する

ローマ、噴水での飲食・水泳などを禁止

ローマのビルジニア・ラッジ市長は13日、市内の噴水のそばで飲食することなどを禁止する条例を承認した。事故を防止し、歴史的、芸術的、考古学的価値を持つ遺産を保護する目的。ザ・ローカルが伝えた。

条例が適用されるのは、観光名所の「ナボーナ広場」や「スペイン広場」の噴水を含む約15カ所の噴水。飲食だけではなく、水や液体のほか、物を噴水に投げ入れる行為も禁じる。ただし、映画『ローマの休日』などで有名な「トレビの泉」は、永遠の都を再び訪れたい観光客がコインを投げ入れる伝統があり、硬貨に限って認めるという。

条例はさらに、歴史的建造物によじ登ることや、水中で泳いだりペットを洗うことも禁止している。

主に観光客が増える夏季を狙った同条例は10月31日まで施行され、違反すれば40~240ユーロの罰金を科せられる。

なおフィレンツェでは5月から、観光客が市内の教会の階段で飲食しないよう、昼食時にホースで水をまいて清掃する措置を講じている。

ナボーナ広場=観光客は噴水のそばでの飲食が禁じられる(Photo by Erik Cleves Kristensen/Flickr)

ナボーナ広場=観光客は噴水のそばでの飲食が禁じられる(Photo by Erik Cleves Kristensen/Flickr)


関連国・地域: イタリア
関連業種: 食品・飲料観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

伊国鉄、アリタリア航空買収で米英社と協議(02/15)

トルコ自動車生産、1月は11.6%減少(02/15)

独ツァイトフラハト、ブルーエア株10%取得(02/15)

<連載コラム・環境フォーカス>第31回 循環型経済で世界主導目指すEU(02/15)

ユーロ圏成長率、0.2%を維持 ドイツは景気後退入りを免れ(02/15)

フィアットとPSA、小型商用車の合弁延長(02/15)

独高級車3社、1月はBMWが好調(02/15)

シェル、エジプトで油ガス権益を取得(02/15)

通信機器企業の規制強化支持 独内相、中国企業のスパイ疑惑で(02/14)

アベルティス、通信衛星事業を売却(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン