• 印刷する

ノルウェー、学校でのブルカ着用禁止へ=北欧初

ノルウェー政府は12日、イスラム教徒の女性が着用する「ブルカ」や「ニカブ」など顔全体を覆うベールについて、教育機関での着用を禁止する法案を提出した。施行されれば、北欧では初となる。BBC電子版などが伝えた。

これは、幼稚園から大学までの教育の場において、ブルカやバラクラバ(目出し帽)などで顔を覆うことを禁止するもの。ほぼ全ての政党が支持するとみられ、来春にも可決する見通しだ。なおヘッドスカーフや帽子は従来通り着用が可能。

イサクセン教育・研究相は、「顔全体を覆うベールは、良質な教育の要であるコミュニケーションを阻害する」と指摘。サンベルグ移民・統合相も、コミュニケーションは「基本的な価値観」と強調した。

ノルウェーでは既に一部の地方自治体でブルカなどの着用が禁止されているが、実際に使用しているイスラム教徒の女性は少なく、移民統合問題における重要性は低いとする専門家もいる。

欧州では他に、フランス、オランダ、ベルギー、ブルガリア、ドイツ南部バイエルン州で着用が禁止されているほか、オーストリアでは10月からブルカ禁止法が施行される。


関連国・地域: ドイツフランスベルギーオーストリアノルウェーオランダブルガリア欧州
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

格安航空NAS、ショスCEOが辞任(07/12)

エクイノール、ルンディンの持ち株売却(07/09)

資源リオのアルミ資産、3社が取得に関心も(07/08)

ノルウェー新車販売、上半期はEVが5割弱(07/03)

ヤラ、産業窒素事業のIPO実施も(06/27)

イケア、英南部で低価格住宅を建設へ(06/27)

欧州での難民申請、1~5月は11%増加(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン