ロシアで飲酒と喫煙が減少傾向

ロシアで飲酒と喫煙が減少傾向にある。世界保健機関(WTO)の非感染性疾患の予防に関する欧州会議で、スクボルツォワ保健相が明らかにした。イタルタス通信が8日伝えた。

同相によると、2016年のロシア国民1人当たりのアルコール摂取量は、2012年と比べて13.5%ほど減少した。同国では毎年50万人がアルコールの過剰摂取で命を落としているとされるが、こうした中、政府は近年アルコールの規制に力を入れており、これが実を結んだ格好だ。

一方、ロシアの喫煙率は2016年に30.9%となり、反たばこ政策を導入した2009年の39.4%から、8.5ポイント低下。受動喫煙率についても、同期間に35%から21.9%に改善したほか、未成年者による喫煙は2014年から2015年にかけて、3分の1以下に減少したという。

たばこ政策をめぐっては、保健省は2013年に公共の場での喫煙やたばこ広告を禁止した。他にも、禁煙対象となる公共施設の拡大や、子供を乗せた車や横断歩道での喫煙禁止といった規制の導入を検討している。また、2015年以降に生まれた人へのたばこ販売を禁止する法案の策定を進めており、実現すれば一定の世代全てを対象とした世界初の販売規制となる。


関連国・地域: ロシア
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品マスコミ・出版・広告社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ロシアの失業率、4月は4.9%に改善(05/25)

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

アルミのルスアル、CEOと幹部7人が辞任(05/25)

金融VTB、マグニトの株式11.8%を売却(05/25)

ロシアとエジプト、工業地区建設で50年契約(05/25)

ロシア鉱工業生産、4月は1.3%増加(05/24)

露政府、ガソリンとディーゼル燃料を減税へ(05/24)

ロシア、イランと議会経済委員会を設立(05/24)

飲料アンバー、豪の大手卸売業者を買収(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン