• 印刷する

ブダペストの自由橋、車両進入禁止期間を導入

ハンガリーの首都ブダペストのブダ地区とペスト地区を結ぶ自由橋(サバッチャーグ橋)でこの夏、車両進入禁止期間が設けられる。サーレイボブロフニツキー副市長の話として、ブダペスト・ビジネス・ジャーナルが6日伝えた。

対象期間は6月17~18日、6月24~25日、8月5~6日、8月12~13日の4週末。いずれも土曜日の早朝4時から日曜日の深夜まで自動車やトラム(路面電車)の乗り入れを禁止し、歩行者と自転車だけが通行可能となる。期間中はイベントが開催され、仮設トイレやゴミ箱も設けられる予定という。

車両進入禁止の実施は昨年に続き2度目。昨年はトラム線路の改修が理由だったが、市民らが橋の上で寝そべったりピクニックをしたりと、“自由”を謳歌(おうか)する光景が見られた。


関連国・地域: ハンガリー
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独ビュルクレ、ハンガリー東部で工場着工(01/17)

オットー・フックス、ブダペストで用地取得(01/17)

ハンガリーのインフレ率、12月は2.7%(01/16)

仏、ベルギー国境の野生イノシシを殺処分へ(01/16)

ブダペスト空港、昨年の利用者数は14%増加(01/11)

【ウイークリー統計】第28回 発泡ワインの輸出入量とアルコール飲料への支出(01/10)

ハンガリー貿易収支、11月は黒字縮小(01/10)

ハンガリー鉱工業生産、11月は1.1%減少(01/09)

【年始特集】EUの求心力問われる年に 改革生煮え、厳しさ増す政治環境(01/08)

ハンガリーの対内投資、1.4兆フォリントに(01/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン