英政府のライフタイムISAに預金型が登場

英政府が4月に導入した生涯型の非課税個人貯蓄口座(ISA)「ライフタイムISA」に、初めて預金型が登場した。住宅金融会社スキップトン・ビルディング・ソサエティーが6日に発表したもので、8日から預け入れが可能となる。

ライフタイムISAは、オズボーン前財務相が昨年3月の予算案で打ち出した。18歳以上40歳未満を対象に、年間4,000ポンドまで非課税の貯蓄を認め、政府が25%のボーナスを上乗せする。ただし引き下ろしは、初めての住宅をローンで購入する場合か、60歳以降の退職後に限られる。

現在、既に3社がライフタイムISAを提供しているが、すべて株式投資型で、現金を貯蓄できるのはスキップトンが初めて。同社のライフタイムISAの利率は0.5%で、手数料などは一切かからない。ただ、通常のISAでは金利1%以上の商品もあり、同社の0.5%は魅力に乏しいとの見方もある。また、住宅購入目的以外で60歳になる前に引き出した場合、多額の手数料が課される。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融・保険建設・不動産政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン