ウクライナ、メディアのロシア語使用を制限

ウクライナのポロシェンコ大統領は6日、同国のテレビ番組、映画およびラジオ放送におけるウクライナ語の使用割合を定める法案に署名したことを明らかにした。事実上、ロシア語の使用制限となる。イタルタス通信などが伝えた。

同法案では、テレビ番組およびラジオ番組におけるウクライナ語の使用割合が、午前7時から午後6時と午後6~10時までに放送される番組のうち、全国放送では最低でも75%、地方放送では60%に達するよう規定している。これに違反した場合、番組ライセンス料の5%にあたる罰金が科せられる。同法案は今秋に執行される。

ウクライナでは2014年にヤヌコビッチ前大統領が失脚して以降、ウクライナ語の使用を促進する言語政策がとられている。しかし、多くのウクライナ国民にとってはロシア語が母語となっているため、今回の法案可決でロシア語の使用が制限されれば、メディアにとっては多数の視聴者を失う痛手となりかねないうえ、国内の民族感情に亀裂が入ると懸念する声も上がっている。


関連国・地域: ロシアウクライナ
関連業種: 観光・娯楽マスコミ・出版・広告社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

住友商事、ウクライナで農業資材事業に参入(07/18)

【欧州企業よもやま話】第257回・ヤンデックス 検索エンジンから自動運転車まで(07/11)

EU、対露経済制裁を来年1月末まで延長(07/09)

EU、対露経済制裁を6カ月延長へ(07/03)

ウクライナ鉱工業生産、5月は2.5%増加(06/29)

墺建設ストラバグ、ウクライナ進出を検討(06/27)

駐在員の生活費、欧州首位はチューリヒ(06/27)

印JSW、Aミタルのルーマニア資産取得も(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン