若者の大麻使用率、欧州最高はフランス

大麻を使用する若者の割合が欧州で最も高い国はフランス――。欧州連合(EU)の外郭機関である薬物・薬物中毒監視センター(EMCDDA)の年次報告書で、こうした事実が明らかになった。

それによると、フランスの若年層(15~34歳)は22.1%が過去1年間に少なくとも1度は大麻を使用しており、EU平均の13.9%を大幅に上回った。これにイタリア(19%)とチェコ(18.8%)が続いた。EU全体では、15~64歳の26.3%がこれまでに1度は大麻を使用した経験があるという。

EMCDDAは欧州全体の近年の傾向として、薬物の過剰摂取による死亡者が3年連続で増加しているほか、「精神活性物質(NPS)」と呼ばれる新種の薬物が入手しやすい状態にあること、またコカインの普及・使用が2014年以降、一部の地域で再び増加傾向にある点を指摘。EU全体として新たな対策を立てる必要があると促している。[EU規制]


関連国・地域: フランスEUイタリアチェコ
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

スペイン、今年の財政赤字目標を引き上げ(07/16)

トランプ米大統領が訪英 メイ首相、FTA締結に向け合意(07/16)

【今週の主な予定】7月16~20日(07/16)

ポーランド政府、最高裁長官の任命を迅速化(07/16)

リンデとプラクスエア、米資産売却で協議(07/16)

貿易収支、5月は赤字縮小(07/16)

欧州委、ライアンエアーのラウダ買収を承認(07/16)

ライアンエアー、愛でパイロットが追加スト(07/16)

EU、台湾社の黄斑変性症治療薬を認定(07/16)

【欧州環境トピックス】第186回 6月16日~30日(1)(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン