エールフランス、NYにポップアップレストラン

仏蘭資本の航空大手エールフランスKLMは、6月20日から24日の期間限定でニューヨークにポップアップレストランを開設すると発表した。機内食のメニュー考案にミシュランの星付きレストランのシェフを起用するなど、食にこだわる同社ならではの試み。

「パリ・フォー・デザート(デザートにはパリを)」と名付けられたこのレストランは、ニューヨークの有名シェフのダニエル・ブールー氏考案のメニューを提供する。利用希望者は6月5日から9日の間に、同レストランのインスタグラムかフェイスブックページにアクセスすると、抽選で招待される。

さらに、毎晩1組の招待客にビジネスクラスで往復するパリ2泊グルメ旅行が抽選で当たる。食事はミシュランの星付きレストラン、宿泊はマリオットホテルが用意される。すぐに旅立つため、客はパスポートと荷物を詰めたスーツケース持参で食事に来るよう求められる。


関連国・地域: フランスオランダ米国
関連業種: 食品・飲料運輸・倉庫観光・娯楽マスコミ・出版・広告

その他記事

すべての文頭を開く

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

IBM、仏で1800人雇用へ=AIなど強化(05/24)

5月は過去1年半で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(05/24)

失業率、第1四半期は8.9%に悪化(05/24)

仏国鉄の改革案、従業員の95%が反対(05/24)

ウェールズの鉄道運営権、仏西連合が落札(05/24)

太平洋工業、センサータのバルブ事業を買収(05/24)

ルノー・日産・三菱、新興企業に5千万ドル(05/23)

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

カルフール、ディアから取得の店舗売却も(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン