エールフランス、NYにポップアップレストラン

仏蘭資本の航空大手エールフランスKLMは、6月20日から24日の期間限定でニューヨークにポップアップレストランを開設すると発表した。機内食のメニュー考案にミシュランの星付きレストランのシェフを起用するなど、食にこだわる同社ならではの試み。

「パリ・フォー・デザート(デザートにはパリを)」と名付けられたこのレストランは、ニューヨークの有名シェフのダニエル・ブールー氏考案のメニューを提供する。利用希望者は6月5日から9日の間に、同レストランのインスタグラムかフェイスブックページにアクセスすると、抽選で招待される。

さらに、毎晩1組の招待客にビジネスクラスで往復するパリ2泊グルメ旅行が抽選で当たる。食事はミシュランの星付きレストラン、宿泊はマリオットホテルが用意される。すぐに旅立つため、客はパスポートと荷物を詰めたスーツケース持参で食事に来るよう求められる。


関連国・地域: フランスオランダ米国
関連業種: 食品・飲料運輸・倉庫観光・娯楽マスコミ・出版・広告

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

ファーンバラ航空ショー開幕 MRJはデモ飛行実施(07/17)

欧州企業もイラン制裁対象に 米国、EUの嘆願拒否=8月再開(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

通信オレンジ、ベースファームを買収(07/17)

トタル、公益エンジーのLNG事業買収完了(07/17)

ボルタリア、エジプトで再生エネ分野に投資(07/17)

欧州委、シーメンスとアルストム統合を調査(07/17)

パリの地下鉄、W杯優勝で駅名一時変更(07/17)

ソジェン、アブダビ行からヨルダン事業取得(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン