• 印刷する

エールフランス、NYにポップアップレストラン

仏蘭資本の航空大手エールフランスKLMは、6月20日から24日の期間限定でニューヨークにポップアップレストランを開設すると発表した。機内食のメニュー考案にミシュランの星付きレストランのシェフを起用するなど、食にこだわる同社ならではの試み。

「パリ・フォー・デザート(デザートにはパリを)」と名付けられたこのレストランは、ニューヨークの有名シェフのダニエル・ブールー氏考案のメニューを提供する。利用希望者は6月5日から9日の間に、同レストランのインスタグラムかフェイスブックページにアクセスすると、抽選で招待される。

さらに、毎晩1組の招待客にビジネスクラスで往復するパリ2泊グルメ旅行が抽選で当たる。食事はミシュランの星付きレストラン、宿泊はマリオットホテルが用意される。すぐに旅立つため、客はパスポートと荷物を詰めたスーツケース持参で食事に来るよう求められる。


関連国・地域: フランスオランダ米国
関連業種: 食品・飲料運輸観光メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

トタル、独製油所で生産調整=露産原油問題(05/23)

OECD、ユーロ圏の成長見通し引き上げ(05/23)

チェコの乗用車生産、1~4月は1.1%減少(05/23)

B・スチールが清算手続きに 政府との融資交渉が失敗(05/23)

ルノー韓国合弁、労組が労使暫定合意を否決(05/23)

独で連銀総裁をECB次期総裁に推す動き(05/23)

ルイヴィトン、シドニーに豪初のVIP店(05/23)

仏アムンディ、独DWSとの事業統合を検討(05/22)

外資4行、チェコの国家開発基金に拠出へ(05/22)

アルストム、水素燃料電池列車を受注(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン