• 印刷する

露国民の7割「米国は敵対的」=世論調査

ロシア国民の約7割が米国は「敵対的」だと見なしている――。ロシア最大の世論調査機関レバダ(Levada)・センターが6日に公表した最新調査で、こうした傾向が明らかになった。

調査は5月19~22日、全国の18歳以上の1,600人を対象に実施。米国はロシアに対して「敵対的」だと回答した人は全体の69%に上った。昨年から3ポイント低下したものの、2位のウクライナ(50%)を大きく引き離してトップだった。このほか、ドイツやラトビア、リトアニアを「敵対的」な国だと考えている人が多かった。

一方、最も「友好的」な国と見なされているのはベラルーシで、46%を占めた。これに中国(39%)、カザフスタン(34%)が続いた。

また米露関係については、1年前から「改善した」と答えた人は21%にとどまった。「悪化した」は17%。「変わらない」は54%と過半数を占め、前回調査から5ポイント上昇している。


関連国・地域: ドイツラトビアリトアニアロシアベラルーシカザフスタンアジア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

カザフのナザルバエフ大統領が退任(03/20)

プーチン氏、クリミア編入記念し現地を訪問(03/20)

主要産油国、6月まで減産維持(03/20)

ロシア鉱工業生産、2月は4.1%増加(03/20)

ノバテク、LNG権益をサウジ社に売却も(03/19)

ウズベキスタン、ジザク製油所の建設を停止(03/18)

ロシア、OPECプラスで歳入拡大(03/18)

VWの世界販売、2月は1.8%減少(03/18)

ガスプロムバンク、ベネズエラ合弁株を売却(03/18)

独オペル、ロシアでの販売再開へ(03/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン