• 印刷する

リトアニア、露国境にフェンス設置開始

リトアニアの国境警備隊は5日、ロシアの飛び地カリーニングラード州との国境でフェンスの設置を開始したと発表した。建設費は約130万ユーロで、リトアニア政府が拠出している。

フェンスは全長44.6キロメートル、高さ2メートル。ロシアおよびポーランドと国境を接するビシュティーティス(Vistytis)からネマン(Neman)川に至るまでの国境線に設けられ、12月20日までの完成を予定する。

なおネマン川からバルト海に至るまでの109キロメートルの国境線には、既に監視システムが設置されている。


関連国・地域: ポーランドリトアニアロシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ベラルーシ大統領、隣国との国境を閉鎖(09/21)

PKPカーゴ、リトアニア同業と合弁設立(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン