• 印刷する

英航空BAの客室乗務員、16日から4日間スト

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の客室乗務員が、16日から4日間のストライキを決行する。賃上げ交渉は5月に妥結したものの、会社側がこれまでのストに参加した客室乗務員に対する制裁的な措置の撤回に応じないため。最大労組ユナイトが明らかにした。

客室乗務員は自社便を利用して旅行する際に割引料金が適用されるが、BAはストへの対抗策として参加者を対象から除外することを決めた。労組はこれを撤回するよう求めているが、会社側は拒否し続けている。

BAはストについて「完全に不必要」と批判した上で、全ての顧客は目的地に到着できるとした。同社はこれまでのストでも、欠員を補うために他社のチャーター機や機体と客室乗務員などをセットで借りる「ウェットリース」を利用するなどし、遅延や欠航を最小限に抑えてきた。

ストは、長距離便と短距離便の両方での乗務を担う雇用契約の客室乗務員の賃上げをめぐるもの。年初からのスト日数は既に計26日に達している。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

英豪首脳、FTAで大筋合意 自動車やスコッチ輸出で恩恵(06/16)

食事宅配の欧州最大手、グラブハブ買収完了(06/16)

失業率、4月は4.7%に改善(06/16)

エーザイ、抗てんかん剤の権利を英社に譲渡(06/16)

韓国、アストラゼネカにワクチン生産を提案(06/16)

英社の菓子、シンガポールでリコール(06/16)

英国、同性愛男性の献血ルールを緩和(06/16)

英政府、規制全面解除を延期 4週間でワクチン展開に注力(06/15)

アイルランドのストバートエアが経営破綻(06/15)

【欧州航空・鉄道論】「再国有化」に踏み切る英鉄道業界 白書に「日本方式望ましい」の文言(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン