• 印刷する

リトアニア、飲酒可能年齢を20歳に引き上げ

リトアニア議会(一院制、定数141)は1日、飲酒可能年齢を現行の18歳から20歳に引き上げる法案を101対10の賛成多数で可決した。2018年1月1日に施行される。AFP通信が伝えた。

同法案は、昨年10月の総選挙を制した中道右派のリトアニア農民人民同盟(LPGU)が公約に掲げていたもの。法案にはこのほか、酒類の広告の全面禁止や、午後8時~午前10時の販売禁止が含まれている。

LPGUのカルバウスキス党首は「アルコールに依存する人を減らすとともに、アルコール業界の影響が子どもに及ばないようにすることが必要」と説明。アルコール飲料の販売をめぐる厳格な規則は、北欧諸国を参考にしたとしている。

リトアニアは飲酒量が世界で最も多い国の一つ。リトアニア統計局は先に、2016年の15歳以上のリトアニア人の飲酒量は1人当たり平均13.2リットルと、前年から1リットルほど減少したと発表した。ただ、世界保健機関(WHO)の高官によると、リトアニア人の年間飲酒量は平均16リットルで、世界最高水準に達しているという。


関連国・地域: リトアニア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロ圏鉱工業生産、9月は0.3%減少(11/15)

【ウイークリー統計】第23回 学校の満足度と教師1人当たりの生徒数(10/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン