• 印刷する

蘭ハルト、ハイパーループの試験施設を公開

オランダの新興テクノロジー企業ハルト(Hardt)・グローバル・モビリティーは6月1日、次世代交通システム「ハイパーループ」の試験施設を公開した。同国の建設最大手BAMグループとデルフト工科大学のキャンパス内に設置した全長30メートルの鋼管で、米電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)モーターズの創業者イーロン・マスク氏が考案した近未来的な交通手段の実験を行う。

ハイパーループは真空または減圧されたチューブ内を、電力や磁力によりカプセルを浮かせた状態で高速走行させるもので、最高時速は1,220キロメートルに達する。ハルトの創業者は、マスク氏が主催したハイパーループ開発コンテストに優勝した大学生チームの一員だった。同社は2021年までにアムステルダムとパリを約30分で結ぶハイパーループの商業運行を開始したいとしている。

なおフランスでは今年に入り、米新興企業ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ(HTT)が原寸大の乗客カプセルの建設を開始している。


関連国・地域: フランスオランダ米国
関連業種: その他製造運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロ圏GDP、0.2%拡大 第3四半期=2次速報値(11/15)

食品の味は著作権で保護できず=欧州司法裁(11/14)

ITのティエト、ヒアとソフト開発で提携(11/13)

老舗2百貨店の統合計画、競争当局が承認(11/12)

ユーロ圏経済、2.1%拡大も 欧州委の秋季経済見通し(11/09)

EV新車登録台数、第3四半期は30%増加(11/09)

アホールド・デレーズ、26.7%増益(11/08)

児童死亡の蘭カート会社、破産申請取り下げ(11/08)

日本精機、北部グダニスク事務所を移転(11/08)

ヒューゴ・ボス、第3四半期は18%減益(11/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン