• 印刷する

イングランド銀職員、初のストに向け投票

英中銀イングランド銀行の受付や保守担当職員が賃上げをめぐり、過去323年の歴史で初のストライキを打つ可能性が出てきた。英最大労組ユナイトが1日、これに向けた投票を実施すると発表した。

ユナイトによると、イングランド銀は労組の承認を得ずに賃上げ率を1%に設定。2年連続でインフレ率を下回っている上、一部職員は今年の給与が据え置きとなっている。労組は実力行使を回避したければ、賃金の見直しに向け交渉のテーブルに着くよう求めている。

4月のインフレ率は2.7%と、過去3年半で最高を記録。イングランド銀が目標とする2%を3カ月連続で超えた。同行は今年のインフレ率が2.8%に達すると予想している。

実施の是非を問う投票は6月21日まで行われる。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

スイスの時計輸出、9月は6.9%減少(10/23)

イングランド北部、低炭素化で3万人失職も(10/23)

キヤノン、アクシスを完全子会社化へ(10/23)

アディソン・リー、オックスボティカと提携(10/23)

バブコック、アップルドア造船所を閉鎖も(10/23)

英国とスペイン、ジブラルタルの地位で合意(10/23)

環境庁、プラごみのリサイクル不正を調査へ(10/23)

英スコッチウイスキー輸出、上半期は11%増(10/23)

EU離脱で英国人の独パスポート申請が急増(10/23)

独商工会議所、成長見通しを引き下げ(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン