ドイツ政府、アウトバーンを民営化も

ドイツ政府は、アウトバーン(高速道路)に官民パートナーシップ(PPP)方式を導入できる法改正を目指しており、事実上の民営化を推進する可能性が出ている。ドイツ・ウェレが29日伝えた。

政府は、憲法に相当する基本法の一部条項の改正を提案し、来月2日にも連邦議会で採決が行われる。可決されればアウトバーンの計画、建設、運営に関する規制が改正され、PPP方式が導入できるようになる。改正により、連邦政府が学校建物の資金調達にもPPPを採用できるようになるとの見方も出ている。

連立与党・社会民主党(SPD)の一部議員から反対意見が出ているほか、市民団体はPPPは一種の民営化であり民間投資家が求める利益を公的資金から支払うことになると主張している。

これに対して与党・キリスト教民主同盟(CDU)の予算政策の広報担当者は、「アウトバーンの資産は従来通り連邦政府が保有し、資金を提供するインフラ企業には民間投資は認めない」として民営化されることはないと説明。学校の建物についても「政府は改築用に35億ユーロの資金を用意している」として、学校建設が民営化されるとの見方も否定している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電力・ガス・水道建設・不動産運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

VWの世界販売、4月は10.2%増加(05/21)

アリオン銀行、2カ国のナスダックに上場へ(05/21)

ディーゼル車の乗り入れ規制、実施に青信号(05/21)

生産者物価、4月は2%上昇(05/21)

プーマ、NY5番街に旗艦店開設へ(05/21)

高級車アウディ、中国で66万台をリコール(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

最高裁、ビールの健康増進うたう広告を禁止(05/21)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

独政府、5G向け周波数の入札を来年に延期(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン