• 印刷する

ドイツ政府、アウトバーンを民営化も

ドイツ政府は、アウトバーン(高速道路)に官民パートナーシップ(PPP)方式を導入できる法改正を目指しており、事実上の民営化を推進する可能性が出ている。ドイツ・ウェレが29日伝えた。

政府は、憲法に相当する基本法の一部条項の改正を提案し、来月2日にも連邦議会で採決が行われる。可決されればアウトバーンの計画、建設、運営に関する規制が改正され、PPP方式が導入できるようになる。改正により、連邦政府が学校建物の資金調達にもPPPを採用できるようになるとの見方も出ている。

連立与党・社会民主党(SPD)の一部議員から反対意見が出ているほか、市民団体はPPPは一種の民営化であり民間投資家が求める利益を公的資金から支払うことになると主張している。

これに対して与党・キリスト教民主同盟(CDU)の予算政策の広報担当者は、「アウトバーンの資産は従来通り連邦政府が保有し、資金を提供するインフラ企業には民間投資は認めない」として民営化されることはないと説明。学校の建物についても「政府は改築用に35億ユーロの資金を用意している」として、学校建設が民営化されるとの見方も否定している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独アイスマン、ハンガリー工場拡張へ(01/21)

ルノー、昨年は再び記録更新 中国2ブランド組み入れが寄与(01/21)

独政府、5G網のセキュリティー厳格化も(01/21)

ドイツと中国、金融協力と市場開放で合意(01/21)

パルメット、独EWEのトルコ資産を買収か(01/21)

欧州委、BASFのソルベイ事業買収を承認(01/21)

豪連邦裁、VWに不正周知の幹部名公表命令(01/21)

AFCエナジー、水素燃料のEV充電器導入(01/21)

シュコダ、昨年のインド市場は66.2%減益(01/18)

露マグニト、競合レンタの元CEOが社長に(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン