• 印刷する

フィンランドのニーニスト大統領、再選に意欲

フィンランドのサウリ・ニーニスト大統領(68)は29日、来年1月に実施される大統領選挙で再選を目指す考えを明らかにした。同大統領への国民の信頼は厚く、最有力候補と目されている。AFP通信が伝えた。

それによると、同大統領は所属する国民連合からではなく、無所属の候補として出馬する方針。国営放送Yleの最新の世論調査では、同大統領の2期目続投を支持する人は52%に上っている。

ニーニスト大統領は、強力な親ユーロ派として知られ、フィンランドは同氏が財務相だった2002年にユーロを導入。法相、国民連合党首を歴任した。弁護士資格を有し、欧州投資銀行(EIB)など国際機関での職務経験も豊富だ。

ニーニスト氏は2012年3月に第12代大統領に就任。フィンランドの大統領の任期は6年で、2期まで務められる。

2期目を目指すニーニスト大統領(大統領府提供)

2期目を目指すニーニスト大統領(大統領府提供)


関連国・地域: EUフィンランド欧州
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

電力ウニパー、1~9月期は赤字転落(11/14)

ジャンポール・ゴルチエ、毛皮の利用廃止へ(11/14)

ITのティエト、ヒアとソフト開発で提携(11/13)

最大会派EPP、欧州委員長の後任候補指名(11/09)

トランプ米大統領、プーチン大統領を招待(10/30)

ノキア、工場の自動化で印国営通信と提携(10/30)

通信機器ノキア、第3四半期は赤字縮小(10/26)

【ウイークリー統計】第23回 学校の満足度と教師1人当たりの生徒数(10/25)

電力フォータム、第3四半期は10%増益(10/25)

フィンエアー、関空線を毎日運航へ(10/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン