• 印刷する

フィンランドのニーニスト大統領、再選に意欲

フィンランドのサウリ・ニーニスト大統領(68)は29日、来年1月に実施される大統領選挙で再選を目指す考えを明らかにした。同大統領への国民の信頼は厚く、最有力候補と目されている。AFP通信が伝えた。

それによると、同大統領は所属する国民連合からではなく、無所属の候補として出馬する方針。国営放送Yleの最新の世論調査では、同大統領の2期目続投を支持する人は52%に上っている。

ニーニスト大統領は、強力な親ユーロ派として知られ、フィンランドは同氏が財務相だった2002年にユーロを導入。法相、国民連合党首を歴任した。弁護士資格を有し、欧州投資銀行(EIB)など国際機関での職務経験も豊富だ。

ニーニスト氏は2012年3月に第12代大統領に就任。フィンランドの大統領の任期は6年で、2期まで務められる。

2期目を目指すニーニスト大統領(大統領府提供)

2期目を目指すニーニスト大統領(大統領府提供)


関連国・地域: EUフィンランド欧州
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ノキア、フィンランドで年内に350人整理へ(01/17)

「五つ星運動」、欧州議会で新会派立ち上げ(01/15)

フィンランド航空、来冬に新千歳便を就航へ(01/15)

パスポートランキング、欧州首位は独仏(01/14)

【ウイークリー統計】第28回 発泡ワインの輸出入量とアルコール飲料への支出(01/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン