• 印刷する

仏のアヒル商業飼育、鳥インフル終息で再開

フランス南西部で猛威をふるっていた鳥インフルエンザが終息し、アヒルとガチョウの商業飼育が29日、6週間ぶりに再開した。農業・農産加工業・林業省が発表した。農家にとって先行きは険しいようだ。

フランスでは昨年12月、南西部タルヌ(Tarn)県のアヒル農場から高病原性H5N8型の鳥インフルエンザウイルスを検出。流行は今年3月まで続き、フォアグラ生産地の南西部を中心に485件の感染例が見つかった。同省は被害地域の早期回復に向け、ジェール(Gers)、オートガロンヌ(Haute-Garonne)、ランド(Landes)、ピレネーアトランティック(Pyrernees-Atlantiques)、オートピレネー(Hautes-Pyrenees)の5県に対し4月17日から5月28日まで休閑するよう命令。今回は家禽(かきん)計450万羽が殺処分されたほか、750万羽の生産が中止されたため、計1,200万羽を失った格好となる。

仏フォアグラ生産者委員会(CIFOG)によると、今回の鳥インフル流行による損失額は3億5,000万ユーロが見込まれ、数カ月にわたり生産が滞った2016年の2億7,000万ユーロを上回る。今年最初のフォアグラが市場に出回るのは8月後半か9月初めで、価格上昇が予想される。生産農家にとっても、新たな洗浄機器や野生の鳥からの感染防止に向けた保護用品の導入が大きな負担となりそうだ。

ロイター通信によると、フランスの2016年のフォアグラ輸出額は8,500万ユーロと、2015年の1億400万ユーロから大きく減少。今年も前年並みにとどまるとみられる。


関連国・地域: フランス
関連業種: 医療・医薬品農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

オートリブ、ルーマニアなどに生産移管へ(11/27)

ルノー、フラン工場をリサイクル拠点に(11/27)

仏国務院、モスク閉鎖命令の撤回要求を棄却(11/27)

ユーロスター、英政府に支援要請(11/27)

仏消費者信頼感、11月は悪化(11/27)

ディズニーランド・パリ、2月まで閉園継続(11/27)

仏政府、封鎖措置の3段階緩和策を正式公表(11/26)

EU、モデルナのワクチン1.6億回分購入(11/26)

仏、デジタル税の徴収開始=米企業に通知書(11/26)

KLM、短距離飛行の代替に鉄道利用促進(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン