• 印刷する

運転中の携帯使用、罰則強化後もなお多く=英国

英国で3月から運転中の携帯電話使用に対する罰則が強化されて以降も、1日平均200人以上のドライバーが運転中の携帯電話使用で検挙されている。7分に1人という高い頻度になる。BBC電子版が29日伝えた。

英政府は3月1日から、罰金を従来の100ポンドから200ポンドに引き上げ、交通違反ポイントも3点減点から6点減点に倍増した。さらに、免許取得から2年以内の場合は免許取り消しとなる。こうした罰則強化にもかかわらず、適用後の4週間での摘発件数は5,977件に上り、その3分の1以上がロンドンに集中しているという。

運転中の携帯電話使用に対する罰則強化は、昨年10月にイングランド南東部バークシャー州の高速道路で、携帯電話を使用していたトラック運転手が渋滞中の車列に突っ込み、母子4人が死亡する事故を起こし、厳罰化を求める声の高まりを受けたもの。政府は1月から3月に意見公募を実施し、罰金の大幅引上げ、減点の倍増を決定した。

英国では2015年、運転中の携帯電話使用による事故での死者数は22人、重傷者数は99人に上っている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トラックのボルタ、3700万ユーロ調達(09/20)

英、入国時の規制を大幅緩和 ワクチン接種完了者を優遇(09/20)

UAE、英国に5年間で100億ポンド投資へ(09/20)

小売売上高、8月は0.9%減少(09/20)

ロンドン、バスのゼロ排出化を34年に前倒し(09/20)

アパレルのエイソス、環境保護策を強化(09/20)

ネクスト、英で「ギャップ」ブランド運営へ(09/20)

英米豪が安全保障で新枠組み 豪へ原潜技術提供、中国念頭に(09/17)

シェル、ロッテルダムにバイオ燃料施設建設(09/17)

ジョンソン政権、内閣改造後の顔ぶれ確定(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン