• 印刷する

運転中の携帯使用、罰則強化後もなお多く=英国

英国で3月から運転中の携帯電話使用に対する罰則が強化されて以降も、1日平均200人以上のドライバーが運転中の携帯電話使用で検挙されている。7分に1人という高い頻度になる。BBC電子版が29日伝えた。

英政府は3月1日から、罰金を従来の100ポンドから200ポンドに引き上げ、交通違反ポイントも3点減点から6点減点に倍増した。さらに、免許取得から2年以内の場合は免許取り消しとなる。こうした罰則強化にもかかわらず、適用後の4週間での摘発件数は5,977件に上り、その3分の1以上がロンドンに集中しているという。

運転中の携帯電話使用に対する罰則強化は、昨年10月にイングランド南東部バークシャー州の高速道路で、携帯電話を使用していたトラック運転手が渋滞中の車列に突っ込み、母子4人が死亡する事故を起こし、厳罰化を求める声の高まりを受けたもの。政府は1月から3月に意見公募を実施し、罰金の大幅引上げ、減点の倍増を決定した。

英国では2015年、運転中の携帯電話使用による事故での死者数は22人、重傷者数は99人に上っている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英財務相、補正予算案発表 大型減税で経済成長2.5%目指す(09/26)

鉄道労組RMT、10月8日にスト計画(09/26)

家具メード・ドットコム、身売りを検討(09/26)

オクトパス、英風力発電所の権益追加取得(09/26)

GfK消費者信頼感、9月は過去最低(09/26)

欧州政治共同体、初会合に英・トルコも招待(09/26)

英中銀、連続で大幅利上げ 第3四半期にリセッション入りも(09/23)

BT、10月に4回のスト=緊急通報にも影響(09/23)

通信当局、米3社のクラウドサービスを調査(09/23)

セインズベリー、英南部18店舗の売却で合意(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン