イタリア国民の関心事、「持続可能性」が上位に

イタリア国民の多くが「持続可能性」に関心を抱いている――。調査会社ノミスマ(Nomisma)が実施した最新調査でこうした結果が明らかになった。ANSA通信が伝えた。

この調査は、10月16日の世界食料デーに合わせて設けられた「持続可能性と食2017ボローニャアワード」の一環として実施された。それによると、「持続可能性」について「よく知っている」と答えた人は25%、「心配している」と答えた人は23%に上った。

食の持続可能性をどのように強化するかについては、「食品産業に頼る」が最も多く27%。「政治家に頼る」と、「個人レベルで行動を起こす」は共に24%となった。「農業」と答えたのは17%。また、食品を購入する際に最初に気にする点として、41%の人が「イタリア産であること」、39%の人が「原材料の品質」を挙げた。

なお、アンケートの中で最も関心が高かったのは雇用問題で31%。テロリズムは19%、移民問題は14%だった。最も関心が薄かったのは「政局の先行き不透明性」でわずか7%にとどまった。[環境ニュース]


関連国・地域: イタリア
関連業種: 食品・飲料農林・水産商業・サービス社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

伊保険ゼネラリ、スロベニア3位買収(05/25)

伊北部で列車とトラック衝突、2人死亡(05/25)

スマホの中国・小米、パリに初店舗オープン(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

伊大統領、首相候補のコンテ氏を承認(05/24)

【ウイークリー統計】第8回 老年人口指数と若年層の実家暮らし(05/24)

欧州の旅行先ランキング、伊北東部が首位に(05/24)

PGE、同業ポレネルギアへのTOB実施へ(05/24)

英国人のドイツ国籍取得数が過去最多に(05/24)

伊フィンテル、セルビアに3億ユーロ投資(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン