• 印刷する

ロシア西部の製油所で火災、2人死亡

ロシアの石油大手スルグトネフテガス(Surgutneftegaz)の製油所で25日、火災が発生し、2人が死亡した。ロイター通信などが伝えた。

火災が起きたのは西部レニングラード州キリシ(Kirishi)にあるキネフ(Kinef)製油所。発生後間もない午前10時ごろ(現地時間)、火は消し止められた。

同製油所によると、製品の生産に関連した施設は火災の影響を受けておらず、通常通りの操業が続いている。


関連国・地域: ロシア
関連業種: 化学天然資源社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

OPECプラス、11月の減産幅を維持(12/06)

コマツ、露撤退は「現時点で考えず」=社長(12/06)

露産原油に価格上限を導入 EUとG7・豪が足並み=露反発(12/06)

独、露産石油からの脱却でポーランドと協力(12/05)

伊政府、ルクオイル製油所の運営介入で政令(12/05)

露原油の上限、60ドルに設定 EU、5日に適用=G7と足並み(12/05)

欧州委、露凍結資産でウクライナ支援を提案(12/02)

伊政府、ルクオイルの製油所の国有化検討(11/30)

露政府、仏ルノー金融子会社の売却を承認(11/30)

露、カザフ・ウズベクと「ガス連合」検討(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン