ロシア西部の製油所で火災、2人死亡

ロシアの石油大手スルグトネフテガス(Surgutneftegaz)の製油所で25日、火災が発生し、2人が死亡した。ロイター通信などが伝えた。

火災が起きたのは西部レニングラード州キリシ(Kirishi)にあるキネフ(Kinef)製油所。発生後間もない午前10時ごろ(現地時間)、火は消し止められた。

同製油所によると、製品の生産に関連した施設は火災の影響を受けておらず、通常通りの操業が続いている。


関連国・地域: ロシア
関連業種: 化学・石化天然資源社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ノバテク、ヤマルLNGの第2段階開始へ(07/20)

鉄鋼セベルスタリ、第2四半期は4倍に増益(07/20)

ロシア鉱工業生産、6月は2.2%増加(07/20)

ロシアの失業率、6月は4.7%で横ばい(07/20)

VWの世界販売、6月は4.1%増加(07/19)

カタール航空、露ブヌコボ空港の株式取得へ(07/19)

重慶―ミンスク間の国際貨物列車、運行開始(07/19)

プーチン大統領、トランプ米大統領と会談(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン